「今は幸せだけど、急に振られたら?」「最近うまく行ってないし、別れるかも」と、好きなと人と付き合っていても、「頭をかすめる心配」ってありますよね。

実際、ケンカばかりでも仲良しカップルがいる一方、一見平和に見える二人に破局が近づいている場合も。

「じつは破局が近いカップル」に現れるサインとは、どのようなものなのでしょうか?

仲良しでも要注意!「じつは別れが近いカップル」に現れるサイン

イライラしやすく、ケンカが増える

「彼女と話していると、いつの間にか口ゲンカになることが多い。きっかけなんか思い出せないんだけど、気づくと向こうが怒ってる。
もともと彼女の口調がきついから、それだけで腹が立つことも」(29歳・男性)

わかりやすいサインが「二人ともイライラしやすく、ケンカが増える」というもの。

どちらかに悩みがあるなど、ストレスの原因がはっきりしている場合は別です。

しかし、相手のちょっとした態度にイラつき、常に一触即発状態なら、お互いの粗探しモードに入ったカップルの末期なのかも。

ケンカを全くしなくなった

「男女問わず、何なら両親でも彼女以外の人と出かけると不機嫌になる。どうにか理解してもらいたくて説明してたけど、もう気持ちが冷めた今はケンカ自体がだるい。なので黙って出かけるし説明もしない。バレて怒られたらもう別れる」(24歳・男性)

ケンカが減ることは円満サインとは限りません。

ケンカや怒りってエネルギーを使いますよね。話し合って納得したのでもない限り「ぶつかること自体が面倒」と思われているだけかも。

無関心ゆえに喧嘩が減っている場合は、次にケンカがそのまま別れにつながることもあるでしょう。

質問に「なんで?」で返される

「どこいくの?何時に帰る?の質問に、ある時から彼が「なんで?」って返すように。特に意味もなく聞いてたし、彼だって普通に答えてたのに、なんで勿体ぶるんだろうって思ってました。その頃から浮気されてたみたい」(27歳・女性)

男性が彼女の質問に「なんで?」で返すのは、やましいことがあって質問の意図が知りたい場合か、「いちいちうるさい」のサイン。

最近、会話がギクシャクするな……と思うとき、その違和感には別れのサインが潜んでいるかも。

「なんか趣味が変わったな?」と思うことがある

「彼が、今まで見なかった邦画を見るようになったり、服の趣味が変わったり……。5年も付き合ってて、そんなことは初めてだったのに、しばらくしたら『好きな人ができた』とふられました。好きな人の影響を受けてたのかも」(28歳・女性)

「この人、こんなの好きだったの?」と思うとき、このケースのように誰かの影響を受けていることがあります。

また、浮気でなくても、内面の成長度合いが違ってくると、お互いの趣味や考え方に違和感を持つことも。

それを新鮮な変化だと受け止められない場合は、いつの間にか気が合わなくなってきていると言えるでしょう。

すぐ相手のせいにしたくなる

「別れる直前は、お互いに相手のせいにして責めてた。ドライブ中に道を間違えただけでも『だから言ったじゃん!』と責められたり、店が混んでて入れなかっただけで『来るんじゃなかった!』とケンカになったり。今思うと、心の余裕ゼロで変でしたね」(26歳・男性)

「だから言ったじゃん」「どうせ」などのワードが出てくるような時は、双方に思いやりがなくなってきていることも多いです。

不快なことがあると、すぐ相手のせいにしたくなる……そんなときは、気持ちもさめてきているはず。

「一瞬でダメになる」なんてない

ラブラブだったカップルが、一度のケンカで修復不可能になるようなことはありません。

日常の中で、こんなすれ違いが増えていて、ケンカは最後の一押しであることも。

「なんか最近しっくりこないな」という面を、あえて注意深くみることで、不本意な別れは回避できることもありますよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)