「どんな女子が好き?」と男性に聞くと、ルックスを抜きにすれば「話していて楽しい子」がかなり上位に来ます。

口数が多いわけではないのになぜか話すと楽しい、トーク上手な女子たちがおさえている「会話のコツ」をまとめました。

話していて楽しい!と思わせるのは、どんな女子?

トーク上手な女子たちがおさえている「会話のコツ」って?

「面白い女」にはならない

頭の回転が速く、面白エピソードやちょっとの毒を含んだトークを嫌味なく展開させられる女子は確かにいます。

彼女たちの周りにはいつも人がいて、みんな楽しそうにしているイメージがあるかと思います。

でも、みんなに「面白いね!」と言われる人がモテるとは限りません。

男性に「二人でもっと話したい」と思われる前に「面白い女」認定されると突然イロモノ認定された挙句、恋愛対象から外されることも。

毒舌のつもりのただの悪口や、下ネタ、自分を落として笑いを取るのはNG。

どぎつい話題は相手が誰でも一定の興味をそそりますが、誰が話しても同じになりやすいのです。

アピールしたいなら「気持ちよく話させる」

出会ってすぐに、男性からガッツリ興味を持たれることはそう多くありません。

そんなとき、今はまだよく知らない「あなたの話」より、彼が興味を持って話したい「彼自身の話」の方が、彼にとってははるかに楽しい話題です。

あなたばかりが盛り上げなくても彼は楽しいし、あなたは彼の情報収集ができる。探した話題を振るより、よほど楽しい時間となるでしょう。

律儀な女子がハマるのが「相手にばかり話させていては悪いかも?」「会話の間が怖い」という落とし穴。

でも、彼が気分よく話しているなら、ムリに自分の話をする必要はありませんし、喋りすぎるとスキがない印象を与えてしまうこともあるでしょう。

「話したいことを気持ちよく話させる」のが大事です。

「合いの手」より「前のめり」

「話したいことを話させる」には、「前のめり」に聞く姿勢を見せること。

他の話題の途中に「全然違う話なんだけど……」と別の話題をねじこむ人も多いですよね。

人は自分の興味がある話題しか聞かないし、隙あらば自分の興味あることを話したいものなのです。

とはいえ、気分よく話させるにしても「さすが」「すごーい!」など「合コンさしすせそ」のような決まりきった反応は「相槌」ではなくただの「合いの手」。

男性に「適当言ってんな」「つまんないのかな」と思わせてしまう原因にもなってしまうかも……。

一方、男性の話にきちんと興味を持つことができたり、質問をして話を展開させられる人は「オレに興味があるのかな?」と感じさせることができ、好感を持たれます。

話に食いついてトークをまわすことが難しいなら、せめて聞く姿勢だけでも前のめりに、笑顔で。彼の手振りを目で追うなども「聞き入ってる」と思わせるのに効果的です。

男性の「話したい欲」を受け止める

男性は女子より「自分の話を聞いてほしい」「そのうえで認めてほしい」という願望が強いもの。

その願望を満たしてあげれば、今度は彼が「こんなに楽しい時間をくれる君の事を知りたいな」と感じるはず。

男性の「話したい欲」にきちんと対応できるのがトーク美人と言えそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)