男友達のことを、友達以上の相手として意識するようになることもあるでしょう。

そういった場合には、恋愛へと発展させるために、上手にアプローチをしていくことが大切です。

そこで今回は、「男友達」と付き合うためのコツを紹介します。

彼氏になってほしい!「男友達」と付き合うためのコツ

「好み」に寄せてみる

「飲み友達の女の子が、急にショートカットにして、なんか変に意識し始めちゃったことがある。ショートカットの女性にすごく弱いので…」(27歳/男性/広告代理店)

自分の好みのタイプに近い女性のことは、男性は本能的に気になってしまうものです。

男友達に異性として意識してもらいたいのであれば、その男性の好みのタイプに寄せてみると、あなたを見る目が変わるかも。

特にわかりやすく見た目の部分で、多少なりとも寄せられると、ドキッとさっせることができる振り幅も大きくなるでしょう。

「好意」を口にする

「『○○っていい男だよね』って言われて、ドキッとしたことがあります。今までそんなこと言われたことがなかったので、どういうことなのか、色々と考えちゃいました」(31歳/男性/インストラクター)

友達以上の関係になりたいのであれば、とにかく好意を示さないと何も状況は変わりません。

態度や行動だけでは気づいてもらえない可能性もあるので、言葉にして伝えるのが効果的かも。

「○○といるときが一番楽しい」とか「私のことを理解してくれるの◯◯だけだな」なんてサラッと言ってみると、「もしかして俺に気があるの?」と男性はドギマギし始めるでしょう。

「ふたりで会うこと」を増やす

「ふたりで会うこと」を増やす

「ふたりでいることが多くなると、やっぱり友達の一線を越えてしまいやすいですよね。一緒にいるのが当たり前に感じられるようになります」(30歳/男性/営業)

いつも仲良しグループで遊んでいたら、親密にはなっていくでしょうが、恋仲にはなかなかなれないかも。

少しの時間でもいいので、ふたりで会う機会を増やしていくと、自然とお互いのことを意識し始めるはずです。

ふたりでいる時間に居心地の良さを感じたら、「ずっと一緒にいたいな」という気持ちだって芽生えてくるでしょう。

「特別感」を出す

「ほかの友人たちとは違う接し方をされると、『俺に気があるのかな?』って感じるかも。それって、なんかちょっとうれしい瞬間でもありますしね」(27歳/男性/飲食)

自分のことを特別視してくれている女性のことは、男性も特別な相手として見るようになるものです。

ほかの男友達たちには言ってはいないことや、見せてはいない姿を明かしてみるのもいいかも。

「○○くんにだけ言うけど」なんて言われたら、秘密を共有しているような感覚になり、距離感は一気に大きく縮まることでしょう。

おわりに

友達関係であれば、すでにある程度の親密さや信頼感は築けているでしょう。

あとはそこに、少しずつ好意を見せていけば、すんなりと恋人関係に進展していく可能性は大いにありますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)