一緒にいると幸せな気持ちになれる女性は、男性にとっては特別な存在なはずです。

心から癒される女性でもあるでしょうから、「手放したくない」という気持ちも湧き起こってくるでしょう。

そこで今回は、男性が女性と一緒にいるときに「幸せを感じる瞬間」を紹介します。

癒される!男性が女性と一緒にいるときに「幸せを感じる瞬間」

くだらないことで「笑い合える」

「どうでもいいことで一緒に爆笑しているときに、すごく幸せを感じる。この時間がずっと続いたらいいなって、ふと思っちゃいますね」(28歳/男性/IT)

くだらなくてどうでもいい話なのに、ふたりして大笑いをし合う。

その瞬間に、そこがまるでふたりだけの空間のようになるので、ふたりだけにしかわからない幸福感を得られるはずです。

笑いのツボや感動する部分が一緒だと、通じ合っているような感覚にもなるので、より絆が深まっていくことでしょう。

「楽しんでくれている」のが伝わる

「ただドライブをしただけなのに、助手席で大はしゃぎしている姿を見ると、ほっこりしちゃいます。こんなデートでいいのなら、いつでもしてあげたいですね」(32歳/男性/アパレル)

一緒にいるときに、女性が楽しそうにしている姿を見るのが、男性にとっては一番の幸せです。

うれしそうに大はしゃぎをしていたら、思わず抱きしめたくなるような衝動にさえ駆られるかも。

本当は楽しいのに、それが男性に伝わっていなかったら意味がないので、リアクションはやや大きめに取ったほうが効果的ですよ。

真剣に「聞いてくれる」

「話を真剣に聞いてくれて、ちゃんと答えてくれると、『この子といてよかった』と思える。なんでも打ち明けられる貴重な存在にもなりますね」(29歳/男性/商社)

自分の話をちゃんと真剣に聞いてもらえたら、男性は「話してよかった」とか「もっと話したい」といった気持ちになるもの。

そして、そんな気持ちにさせてくれる女性に対しては、良き理解者とか心強い味方といった認識だって芽生え始めるでしょう。

逆に、途中で話の腰を折ったり、視線をあまり合わせなかったり、適当な相づちしか打たなかったりすると、男性は話をする気がなくなってしまうので注意してくださいね。

軽く「甘えてくる」

「たまに甘えられると、『可愛らしいな』って思っちゃいますね。重くなくて軽い感じだと、嫌な感じは一切しないし、こっちも癒されますね」(31歳/男性/IT)

男性は女性から頼られたり甘えられたりすると、可愛らしさとともに、必要とされている喜びも感じます。

面倒な内容ではなく、「そんなことで甘えてくるの?」と感じるような軽いものだと、思わずキュンとなったりもするかも。

甘えすぎるのはよくないですが、全く甘えてくれないのも男性は寂しいものなので、2人きりのときには可愛らしい一面も見せていきましょう。

おわりに

リラックスできて、思いきり笑い合えるような女性が、男性が一緒にいて幸せを感じられる相手です。

あなたが飾らずに素直な自分を見せるようにすると、男性も心を開いて接することができるようになりますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)