気になる男性と距離がグッと縮まるデート中の食事シーン。

じっくり会話を楽しんだり、お互いをより深く知るきっかけになったりもします。そんな食事シーンに、緊張してしまう女性も多いはず。

そこで、デート中の食事の際に男性にガッカリされないよう押さえておきたい項目を5つご紹介します!

基本をおさらい!デート中の食事で気をつけたいことチェックリスト

大きな口を開けて食べない

「大きな口を開けて食べる女性は下品な感じがして、どんなに美人だったしてもガッカリする」(24歳/保険会社)

デート中の食事シーンでは、食べる際の口の大きさに要注意。

あまりにも大きな口を開けて食べていると下品な印象を与えかねません。

女性らしい上品な印象をプラスするには、なるべく小さな口を開けて食べるのがお約束です!

少量ずつ食べる

「口いっぱいに食べ物入れてると卑しいですよね。ドン引きするし、きっとしゃべれないと思うから話しかけられない」(28歳/IT系企業)

小さな口を開けて食べる際に併せて実践したいのが、少量ずつ食べ物を口に運ぶこと。

あまりものを口にため込まないことで、品のいい印象を与え、男性との会話をより楽しむことができます。

箸の使い方はスマートに

「箸の使い方が丁寧な女性は魅力的ですね。育ちが良さそうだから、思わず彼女にしたいって思っちゃいます」(25歳/美容師)

デート中の食事シーンでは、意外にも手元を見られていることが多いようです。

食事マナーの基本でもある箸の使い方は、マスターしておくのがモテる女性の掟♡

男性に好感を持ってもらえるよう、箸はスマートに使いこなしましょう。

男性の飲み物があるかどうかチェック

「俺の飲み物がなくなってたら、すかさず声をかけてくれる女性は気が利く素敵な子だなって思いますね。レストランでも遊園地でも、飲み物に気を遣ってくれる女性は魅力的」(27歳/自動車メーカー)

食事をしながら、相手の飲み物がまだ残っているかどうかチェックするのも覚えておきたいポイント。

男性の飲み物がなくなりそうになったら「なにか買ってこようか?」などと声をかけて、気遣い上手な女性を演じてみてくださいね。

周りが散らかっていないかも要チェック

「器とか包み紙とかを散らかして食べてる女の子にガッカリしたことがあります」(23歳/建設業)

食べ物の包み紙やお皿など、ふと自分の周りを見渡した瞬間に、散らかっているとズボラな印象を与えることがあります。

デート中の食事シーンでは、整理整頓を心がけましょう。

食事デートをスマートに楽しもう!

デート中の食事シーンでは、お互いの距離が近いことから本性が相手に伝わりやすいもの。

何気ない言動で男性にガッカリされないためにも、スマートに食事を楽しみましょう。

上手に食事シーンを乗り切れば、その先にはハッピーライフが待っているかもしれません♡

(愛カツ編集部)