彼氏からのLINEが減ったとか、前に比べて「会いたい」と言わなくなったなど、交際中でも恋の悩みは尽きません。

もしかして飽きられた? 彼に嫌われた? そんな不安に駆られることもあるでしょう。

今回は、彼の気持ちを知るためにチェックしたいことについてご紹介します。

彼が素っ気ない…「嫌われたかもしれない」ときにチェックしたいこと

悪いギャップで彼氏の気持ちが冷める

まず、男性にとって百年の恋も冷める原因は何かを知っておく必要があります。

理由はいくつか挙げられますが、共通するのは悪い意味でのギャップ。

彼氏が「こんなはずじゃなかったのに!」と愕然とするとき、恋心は萎えるのです。

・体重が増えた

・おしゃれを頑張らなくなった

・欠点を受け止めきれなくなった

これらは彼女という肩書を手に入れて安心しきった結果、起きてしまうことです。

恋人同士になっても“親しき仲にも礼儀あり”を心がけるべきで、忘れれば彼氏の心が離れてしまいます。

また、交際当初は許されていたことが段々と許されなくなるのはよくある話。

彼が「いいよいいよ」と許してくれるのは、恋心が高まっている付き合い初めだけです。本心から受け入れているわけではないと覚えておいて。

一緒にいる時間が長くなるほど、厳しく自分を律していったほうが良さそうです。

愛されないと彼氏は萎える

愛されたいのは男も女も一緒。付き合ったはいいけれど、大切にされないと彼は「もういいや」と思ってしまいます。

・彼女に男友達が多い

・彼女の恋愛優先度が低い

・ほかの男性と比較される

飲み会が多い彼女や、熱烈に推す芸能人を持つ彼女は、彼氏からすると面白くありません。「俺は一番に想われているんだろうか?」と疑問を抱いてストレスになってしまうかもしれません。

また、恋愛よりも仕事や趣味が大事な彼女に対しては、どうしても遠慮がちになります。デートに誘っても仕事を優先されるとわかれば、彼は浮気に走ってしまうかもしれません。

彼氏は本当に冷めている?気のせいかも?

彼氏の気持ちが冷める原因を知ることも大事ですが、男性の恋愛感情の変化を知ることも大事です。

男性の恋心のピークは交際が決まる瞬間で、付き合い始めると情熱は緩やかにダウンしていきます。

でもこれは、恋愛感情が冷めたことを意味するとは限りません。愛する人が自分のものになって安心したため、ガツガツしなくなっただけというパターンも多いでしょう。

つまり、LINEやデートの回数が減っても、彼は変わらずに彼女を愛しているかもしれないのです。

LINEでのトークは減ったけれど会えば笑顔で話してくれるとか、デートの誘いを断ることはあっても以前より本音を語るようになったなど、彼に誠実さを感じるなら疑う必要はありません。

杞憂に翻弄されるだけ損をするので、愛はLINEやデートの回数ではかるものではないと考えたほうがいいでしょう。

恋愛も人間関係

友人や上司と仲良くしようとするとき、誰もが気を遣い、言葉を尽くして理解し合おうとするはずです。

でも、彼氏・彼女の付き合いになると、そうした努力と工夫をやめてしまうのは何故でしょう?

恋愛は特別なもので、「言わなくてもわかってくれる」「何となくでもうまくいくだろう」と思ってしまうかもしれませんが、恋人同士も結局のところは人間関係なのです。

ほかの人たちにするのと同じように礼儀やマナーを重んじるべきで、言葉にしなければ伝わらないこともたくさんあります。

彼氏の態度に違和感を覚えたときは、友人や上司とギクシャクしたときと同様に気を遣い、歩み寄ることが大事です。

そして、彼氏はとても身近な存在であるがゆえに甘えすぎないほうがいいでしょう。「このくらい大丈夫」「きっと彼はこう思っているはず」という一方的な思い込みが、実は関係を壊しかねないのです。

ほど良い距離感を保ち、常に彼氏を理解しようと心がければ心が離れることもないはずです。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)