「男性からどんなLINEが来ると脈ありなんでしょうか?」と聞かれることがあります。

正直なところ「これが来ると脈あり!」と断言できるものはないのですが、それでもある一定の傾向があります。

男性は好きな女性にどんなLINEを送りがちなのでしょうか、そしてどうしてそれが脈ありと考えられるのかについて、解説したいと思います。

これから彼の真意をたしかめたいときには、ぜひ参考にしてみてください。

脈アリチェックリスト

あいさつLINEが来る

「おはよう」「おやすみ」などのあいさつLINEというのは、必ずしも送る必要のある内容ではありません。

当たり前ですが、そのようなLINEを送ると、相手から反応が返ってきます。

するとこちらも応じなければなりません。

どうでもいい相手と積極的に交流を持とうとはしないはず。

とくに男性はLINEのやりとりを面倒臭がる人が多いので、わざわざあいさつLINEを送ってくるということは、それをきっかけにあなたと話したいからと考えて良いでしょう。

質問からの雑談LINE

LINEを続けたければ「疑問形」で送ろうというのは鉄則ですよね。

でも「明日何時から会議だっけ?」というような、本当に用件確認の質問LINEが来ることもありますので、それだけでは脈ありとは断言できません。

ただ、質問に対する答えのやりとりが終わったあとに、「そういえば○○今日も元気だったよ」など、彼の方から雑談に移行する場合、彼の本当の目的はこっち。

「質問」はあなたとのLINEをスタートさせるための前座と考えて良いでしょう。

彼の好きなもののLINE

「この間○○のイベントに行ってきた」など、彼自身が好きなものについてLINEで話を振ってくるのは、あなたとその良さを共有したいからです。

「こんなの見つけた」「これ面白いよ」など、オススメの本や映画などを紹介してくる場合も同様。

LINEという少し秘密めいたふたりのやりとりの中で、あなたとつながりたいと考えられます。

あなたの好きなもののLINE

「前言ってたのってこれ?」「これ見た?」などあなたの好きなものについて、LINEを送ってくる場合も脈ありの可能性大。

たまたま見つけたということもありますが、あなたの好きそうなことが彼の意識の上位にあがっているから目に留まりやすくなっていると考えられます。

とくに一度や二度でない場合は、あなたと会っていなくても、あなたのことをかなり意識していると考えて良さそうですよ。

おわりに

多くの男性にとってLINEは手軽に使える連絡ツールですので、情報交換以上のやりとりをしようとする場合は、少なくともあなたともっとつながりたいと捉えて良いかと思います。

「必要最低限のやりとり」に「プラスα」があるかどうかが、脈ありの有無を判断する基準になるのではないでしょうか。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)