これを読んでいる人の中には、婚活で出会った人やずっと気になっていた彼など、これからデートの予定がある方もいらっしゃるのではないかと思います。

デート中に気になるのは、やはり脈があるかどうかですよね。

もちろん脈があったほうが嬉しいですが、好意がないなら早めにわかったほうが、傷も浅くて済むでしょう。

そこで今回は「デート中にわかる『脈ナシ』サイン」をご紹介します。ぜひ彼と照らし合わせてみてくださいね。

これは本命じゃない証拠かも…。デート中にわかる「脈ナシ」サインって?

1.全くオシャレしてこない

「ずっと好きだった男友達とデートすることに!でもまさかの部屋着のようなラフな格好で登場。
『どうせ飲みに行くだけでしょ?』と言われ、一気にテンションが下がりました……。
元カノとのデートではオシャレしていたのを知っていたので、余計凹みましたね」(24歳/女性/一般事務)

まずわかりやすいのが見た目。やはり本命の女性とデートとなると、オシャレにも気合いが入ります。

好みは別として、自分なりに精いっぱいオシャレする男性が多数。

しかし興味がない女性とのデートは、服装も手抜きになるもの。

髪もボサボサでヒゲも剃らない、服もヨレヨレでテキトーなようなら、それが彼の気持ちなのかも……。

2.会話を広げようとしない

「アプリで知り合った男性とデートしたのですが、こちらから質問しないとずっと沈黙。
もう一瞬で『私のことタイプじゃなかったんだな』と悟りました」(27歳/女性/接客)

中には「緊張のあまり会話がままならなかった」なんてこともありますが、そうであれば声が上ずったり、照れるような素振りが見られたりするはず。

何を聞いてもそっけない返事が一言、彼からあなたへの質問はゼロというようなら、脈アリとはいえないかも。

デート後に彼からLINEが来ないようなら、次に進んだほうがいいでしょう。

3.どこか上の空で集中していない

「好きな子とは楽しくてあっという間なんだけど、そうじゃない子は時間が経つのが遅くて。
空っぽなのにカップを持ってみたり、周囲をキョロキョロしちゃうことはありますね」(33歳/男性/メーカー勤務)

本命女性とは一緒にいられるだけで幸せなもの。そのため、ただ一緒にいるだけでふたりだけの世界に入ってしまうでしょう。

その一方で興味がない子とのデートでは、スマホをいじったり、「早く帰りたいな……」と頭の中では違うことを考えたりと、なかなかデートに集中できないようです。

彼がどことなく上の空だなと感じたら、無理に話を広げようとせず、早めに帰宅したほうがいいかも。時間を空けることで、彼の気持ちも変わるかもしれません。

おわりに

本命女性とのデートは、自分が楽しもうとするだけじゃなく、女性にも満足してもらおうと頑張るもの。

デート中にそんな前向きな姿勢が見えてこないようだと、次に進むのは難しいかもしれません。

ここでグイグイ行かずに様子見をする、別の恋を見つけるなど、何か対策を取ったほうが結果的に自分のためになるでしょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)