好意を感じるけれど、実は薄っぺらいセリフってありますよね。

むしろあなたを見下しているからこそ、それらしいセリフで「恋愛ごっこ」を楽しんでいるのかもしれません。

彼の本音と建前を知れば、変な期待や傷付くことも少なくなるでしょう。

そこで今回は「あなたが本命じゃないだからこそ言えること」についてご紹介します。

騙されるな!男性が「本命じゃない人」に言いがちなこと

「お互いに○歳になっても独身だったら…」

「男友達から突然『俺たちが30になっても独身だったら結婚しようよ(笑)』と言われた。
当時は『これってプロポーズ?』ってドキドキしたんですよね。

でもその後告白されることもなく、彼はアッサリ結婚。
少し期待した自分が恥ずかしいです……」(27歳/人材)

結婚をほのめかされたら、一瞬「脈アリかな?」と思いますよね。

でも、あまりに非現実的な提案なのは、あなたが恋愛対象ではないからでしょう。

こういう男性ほど本命には裏で、綿密なプロポーズをしていることが多いです。

もし彼と交際したい場合は、「じゃあ付き合おうよ」と言って様子を見るべき。

乗り気じゃないようなら、それが彼の答えかも……。

「俺に○○ちゃんはもったいないよ」

「中途半端な関係がイヤで告白したら『俺に○○ちゃんはもったいないよ』と言われた。
でもそれ以降も、夜中急に呼び出されていましたね。

結局私を都合よく利用したかっただけだったんだな……」(25歳/販売)

本当にあなたを「自分にはもったいない」と思っているのなら、そもそも恐れ多くて近づけないはず。

このセリフが言えるのは「交際はできないけれど、関係は切りたくない」「自分が悪者になりたくない」と保守しか考えていないから。

騙されちゃダメですよ。

やたらと要求が多め

「『スカート履いてほしい』『もっとナチュラルメイクにしなよ』など、やたら要求が多い人。
彼が好きだと言うこと聞いちゃうけれど、大抵うまくいかない。

しかもこういう俺様な男性も、本命には優しい場合もあるんですよね」(30歳/IT)

ルックス以外にも「家事は一通りやってほしい」「共働きがいい」など、生活面に対してもやたら要求が多い人は要注意。

あなたが好きというより、自分の理想に当てはめたいだけの可能性が高いです。

逆に本命は手放したくないからこそ、自分勝手な要求はしません。

むしろ本命女子には「○○ちゃんはそのままでいてね!」なんて言っているかも?

おわりに

どんなに柔らかな物言いだったとしても、自分優先であなたの都合は一切無視……となると、信用するのはキケンかもしれません。

彼の言いなりになる前に一晩置く、もしくは一度周囲に相談するなりして、冷静に考えてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)