片想い中は、気になる相手と視線が合ったりLINEが届いて喜んだりと、毎日が刺激的で楽しいですね。

しかし、その片想いはいつまで続くのでしょうか?もしかしたら男性は、あなたとは友達のままでいたいと思っているかもしれません。

今回は、脈ナシな恋を諦めるタイミングはどのようなときなのかを紹介します。

次に行ったほうがいいのかも…気になるカレを諦めるべきタイミング

以前より LINEの回数が明らかに減ったとき

「自分に好きな子ができたら、そっちのLINEを優先したいので友だちの女の子とのLINEは減りますね。友だちなのに変な期待をさせるのも嫌だし、好きな子に彼女だと勘違いされるのも困るし」(32歳/営業)

男性でも女性でも、気になる相手とのLINEのやりとりは楽しいですね。

好きな人ができると、友だち同士のコミュニケーションは二の次になり、好きな人を優先してしまいます。

もし、最近気になる相手からのLINEが減ったなと思ったり、なかなか既読にならないなと思ったりしたら、そのカレとの恋愛は脈ナシの可能性が高いでしょう。

カレにはあなたではない、気になる相手がいるのかもしれません。

ふたりで遊びに行こうと誘ってもはぐらかされたとき

「恋愛関係になるつもりのない子からの誘いは、基本的に断ります。女の子に誘われたら、あんまりはっきり断るのも何となく申し訳ないし、さりげなくまた今度ねって感じでスルーしてます」(27歳/販売)

気になる男性を何度デートに誘っても実現していないのなら、カレは脈ナシだと思って諦めたほうが良いでしょう。

具体的には、こちらから日にちを提示しても、「また連絡するね」とはぐらかされたり、「みんなで行こう」とふたりきりを否定されたりした場合です。

あまりしつこく声をかけると嫌われてしまう可能性も。

男性がお誘いを何度もはぐらかしているのは、女性に対する優しさかもしれませんが、こんな返答ばかり続くときは、キッパリと諦めたほうがいいかもしれませんね。

彼があなたの誕生日などを覚えていなかったとき

彼があなたの誕生日などを覚えていなかったとき

「以前、今日誕生日なんだけど!って言われて困ったことがあります。もしかしたら、そんな話をしたことがあったのかもしれないけど、自分が気になっている子でもないのに誕生日なんて覚えてません」(30歳/サービス業)

親しい間柄だと、お互いの誕生日や血液型などが話題になることがありますね。

気になる相手なら、1度誕生日を教えてもらったら忘れず、お祝いの言葉をかけたりするでしょう。

もし覚えてられていないなら、男性はあなたに興味がない証拠。みんな覚えられていないのかななどポジティブに考えず、そんなカレは脈ナシと判断しましょう。

脈ナシならキッパリと諦める

男性があなたと深い関係になる気持ちがないのであれば、ダラダラと片想いのままということも考えられます。

それでは、ほかの男性との出会いのチャンスを逃してしまう可能性もあります。

紹介した中で思い当たることがあったなら、脈ナシだと諦めて新しい恋を見つけるのがおすすめですよ。

(愛カツ編集部)