色は人によって見え方がさまざま。

あなたの目に映っている色が、他の人にとっては別の色に見えているかもしれません。

実は、色の見え方から「あること」がわかるのです。

そこで今回は、この色が何色に見えるか、「イメージした色でわかる『あなたの裏性格』」がわかる心理テストをご紹介いたします。

Q.あなたにはこの色が何色に見えますか?次から一番近いものを選んでください。

この色、何色に見える?イメージした色でわかる「あなたの裏性格」

A:レッド

B:ピンク

C:コーラル

D:ブラウン

あなたはどれを選びましたか?

さっそく結果を見てみましょう。

【なぜ色で「あなたの裏性格」がわかるの?】

深層心理において、色は、あなた自身の自己イメージを反映しているもの。

固定されたカラーを、あなたがどう見るかによって、あなた自身の内面がわかります。

そのため、色の見え方から、あなたの裏の性格をあぶり出すことができるのです。

A:「レッド」を選んだあなた

……他人のものがほしくなる欲深い性格

あなたは、別にたいしてほしくもないものであっても、それが「他人のもの」であることで、それをほしがる部分があります。

まさに、「隣の芝生は青く見える」のです。

ちょっと欲深い一面があるといえるでしょう。

ただ、どんなにほしかったものでも、一度それを手に入れてしまうと、とたんに興味を失ってしまうはず。

それが「他人のもの」であったという部分にこそ、魅力を感じていたからです。

こうした傾向がエスカレートしてしまうと、他人の恋人にまで手を出してしまう、なんてこともあるかも……。

自分の中で「理想」と「現実」をしっかり分けて考えるようになれれば、そうした欲求も自然とおさまっていくでしょう。

B:「ピンク」を選んだあなた

……自分を良く見せたいウソつき体質

あなたの場合、ウソをウソだと思わず、ナチュラルにウソをついてしまうところがあるようです。

あなたは相手を喜ばそうというサービス精神から、事実をゆがめてしまい、脚色されたドラマティックなものに作りかえてしまうケースが多いでしょう。

自分自身をよく見せようとして、つい話を盛ってしまうようです。

結果的に、自分のついたウソに酔ってしまい、あたかもそれが本当のことであるかのように、自分自身をもダマしているのかも。

見栄を張りすぎるのをやめれば、大きなウソはなくなるはずです。

C:「コーラル」を選んだあなた

……寂しくてうわさ話を止められない

あなたはウワサ話が好きな性格。

とくに、つい人の悪口を言いがちなところがあるかもしれません。

はじめは相手のことを褒めていたのに、エスカレートして、いつのまにか相手の否定的な話をしてしまうことがあるのでは。

こうした背景には、あなたの「寂しがり屋」な一面があるでしょう。

かまってほしいという欲求が強いからこそ、つい他人のウワサ話をして、相手の気をひこうとしてしまうのかもしれません。

ただ、人の口に戸は立てられません。

誰かの悪口ばかり話していると、今度は逆に自分が陰口の対象になってしまう可能性もあります。

なかなか我慢できないと思いますが、もし言ってしまった後は、すぐに相手を褒めてフォローするようにしましょう。

そうすれば、憎まれることは無くなるはず。

D:「ブラウン」を選んだあなた

……お金に対してこだわり・執着心が強い

あなたは、お金に対するこだわりや執着心が強い一面があります。

とくに、友人とのあいだのお金の貸し借りには注意したほうがよさそう。

借りたお金を「返す」と言いつつも、「もう少し待って」と返却の期限を引き延ばしていくうちに、自然消滅するのをねらっていませんか?

「お金の切れ目が縁の切れ目」ということわざもあるように、このようなことをくりかえしていると、だんだんと人が遠ざかってしまいます。

お金に対していきすぎたこだわりを持たないよう、精神的な余裕を持つといいでしょう。

色の見え方は人それぞれ違う?

色の見え方は、その人個人の感性や状況とも密接に関連しています。

明るい気持ちのときや、なにかを成し遂げたという達成感があるときは、色も自然と明るく見えるかも。

逆に、なんだか沈んだ気分のときや、落ち込んでいるときには、暗めのカラーに見えるかもしれません。

あなたに見える色と他人に見える色は、実は違う可能性があるということ。

自身の内面を客観的に分析するために、ぜひ「色の見え方」を活用してみてくださいね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)