運命

20代になると仕事や周りの目を気にして落ち着いたメイクが板について、毎日特別な変化のないメイクをしている女性も多いようです。

しかし、たまにはメイクに変化をつけてみると気分も上がって楽しいですよ。

ついでに男性を「ドキッ♡」とさせられたなら、一石二鳥のはず。

そこで今回は、男性に「大人な女性のメイクにドキッ」とした瞬間を聞いてきました。

一緒に見ていきましょう。

体験談・僕らがドキッとした女性の大人なメイク♡

透明感あふれるツヤ肌

「僕は会社の中でも年下の方で、基本的には会社には年上の方ばかりなんですよ。その中に、5つくらいは年上のある女性の先輩がいるんですけど、

近くで顔を見たときに肌がツヤツヤでドキッとしちゃいました。え?年上だよね?かわいくね?って。もうそこからは異性として意識しちゃってます」(23歳/パタンナー)

10代のときや20代に入ったばかりのときは、肌の毛穴もメイクのヨレもくすみも気にならなかったのに、最近夕方になるとメイクもくずれてくすんでる!

……こんな風に悩んだことはありませんか?

年齢を重ねるごとに増える肌の悩みって、多くの女性が抱えているはず。

そんな中でも「なにあの人、同い年なのに肌きれいすぎじゃない?」なんて感じる女性っていますよね。

実は男性も、ひときわ肌のきれいな女性には気づいていて、ドキッとしているようです。

そんな、いつまでもツヤがあって若々しい印象を保っている女性はきっと努力をしています。

夕方の肌のくすみは、肌の水分不足や全身の血行不良が原因のことが多いです。

朝、メイク前にしっかりと肌の保湿をしたり、オフィスで身体を冷やさないようにカーディガンやブランケットを使ったり、皮脂のケアをしたりをしていればかなり改善されるはず。

また、実際のメイクはハイライトをゴールドやピンク系の華やかなものを使うとか、ツヤタイプの下地を使うとか……いつでもツヤ肌に見えるようにするのがオススメです。

流行や最新のメイクはInstagramやYouTubeを参考にしている女性も最近増えてきています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

上品で可憐なカラーシャドウ

「いつもはそんなに目立たない色のアイシャドウをつけている女性が、ある日ピンクのアイシャドウをつけていたんです。

いつもみたいに話しかけたのに目が合った瞬間ドキッとしちゃって、メイクって女の子の特権だな、可愛いなーって思いました」(27歳/広告営業)

男性はナチュラルなメイクが好きなイメージってありませんか?派手めなメイクは嫌いとか。

でも実は、女性がたまにするカラーメイクにドキッとするようです。

理由としてはやはりギャップ。

いつもとは違う印象にドキドキしてしまうみたい。

とくに、レッド系やピンク系のカラーは派手すぎず色っぽいのに派手すぎず、人気が高いんだとか。

これを機に、上品で可憐かつ、大人の色気を感じさせるようなカラーメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、いつもはナチュラルなのに、ここぞという週末デートは特別に……なんて変化をつけてみるのがギャップを見せるポイントです。

ほてったようなほんのりチーク

ほてったようなほんのりチーク

「ポッとほてったようなチークにはドキドキしてしまいます。健康的な感じも色っぽさもあるし。いつもピンクのチークで可愛い印象の同期が、ある日すごく色っぽく見えたんですよ。

なんか今日メイク違くない?って聞いたら、今日は気分でチークの塗り方変えてみたんだ〜ってニコニコしてて。メイクで印象ってこんなに変わるんだ~ってビックリしました」(26歳/不動産)

くっきりはっきり派手めなチークは可愛いですが、ちょっぴりティーンな印象が。

20代の大人な魅力を引き出すならば、ポッと自然に色づくほんのりとしたチークがおすすめです。

ヘルシーで色っぽい印象を演出するには、赤味ベージュなど落ち着いたカラーを選ぶのがポイントです。

パキッとしたオシャレな赤リップ

「うちの会社に僕の3つくらい年上の女性の先輩がいるんです。背も小さいしちょこちょこ動いてるから年上なのになんとなく可愛いな〜って感じでいつも見てたんですよ。

なのに急にある日、赤いリップをしてきて。え、何、急に大人っぽい……って思ってドキドキしました」(25歳/エンジニア)

赤いリップをセクシーの象徴として考える男性は意外と多く、女性として意識させられるんだとか。

ただし、いつでもどこでもパッキリした赤リップを付けている女性は強めな印象になり、近寄りがたいと思われてしまう可能性も。

ドキッとさせるには、あくまでも普段とのギャップ。

普段はナチュラルなぷるぷるリップで、たまに赤リップで攻めてみるのが良い感じ。

また、服装によってはモードな印象も与えられるので、ときにはオシャレに。

またあるときは色っぽく……色々な魅せ方やギャップ作りができそうです。

おわりに

ブルベやイエベ、平行眉、チャイボーグ、韓国風……メイクの種類は流行に合わせて次々登場。

ただ、いつの時代でも男性がドキッとするのはやはり普段のメイクとのギャップを感じたときのようです。

気になる彼とのデートの際は、いつものメイクを少し変えてみては?

きっと新たな魅力を感じてもらえるはずですよ♡

(ジーノ/ライター)

(愛カツ編集部)