彼女なら、彼氏に「重いなぁ」なんて思われたくないもの。

でも、好きなあまり言動がついつい重くなってしまうこともありますよね?

別れた後に「あのとき、私重かったなぁ……」と気付くのでは手遅れかもしれません。

そこで今回は、男は嫌がる重い彼女の行動についてご紹介します。

私の愛情って重い…?男性が引いてしまう「彼女の行動」とは

勝手にスマホをのぞく

「20代の頃の元カノにはよく勝手にスマホを覗かれていた。ロックしたかったけど、ロックしたらしたで『なんかやましいことしてるんでしょ!』って怒られるし……。正直かなり怖かった」(30代・広告)

疑念があるときにスマホを覗いてしまうと、疑わしくないものまで疑わしいと感じてしまいます。

彼が誰とやり取りしているか気になっても、スマホは勝手に見ないほうがいいでしょう。

軽い風邪でも看病に来る

「軽い風邪でも看病に来る。『熱ないし、動けるから大丈夫』と断っても、一時間後には玄関ピンポーン……。

ゆっくり寝ていたいのに、彼女がキッチンで何か作っている音とか、洗濯機の音とか、風呂掃除の音で寝れない。過保護は重い」(20代・IT)

彼のことが心配なのはわかりますが、そっとしておくのも優しさです。

彼のためを思うのなら、彼の意見を尊重しましょう。

交友関係を調べ女友達に近づく

「過去、付き合い始めて早々俺がSNSで繋がっている女友達に片っ端からメッセージを送っていた元カノがいた。その子たちからは『彼女さんと思われる人からメッセージが来て、関係性を疑うような感じで根掘り葉掘り聞かれた』という苦情が……。

いろんな人に謝って、これ以上あの女と繋がっていたら危ないと思い、すぐに縁を切った」(20代・営業)

こうした行動は、ある種プライバシーの侵害のように感じる男性も中にはいるはず。

知らぬ間に彼の友達に近づいて関係性を調べるのは、バレないと思ってやっていても、いずれバレます。

彼との関係性も悪くなるのでやめたほうがいいでしょう。

ログイン時間のチェック

「昔、『SNSにはログインしているのに、私には返信くれないんだね』と、わざわざ俺のログイン時間をチェックして、ネチネチ言ってきた元カノがいた。

付き合っていたとはいえ、ここまでくるとちょっと気持ち悪いかな」(30代・証券)

返信よりも先にSNSでコメントしていたら、「私はSNSの下なワケ?」とイラっとするかもしれません。

でも、それを指摘してしまうと、ちょっと重いと思われてしまうかも。

指摘するのではなく、彼の返信を気長に待ったほうがいいかもしれませんよ。

他の女性をほめただけで怒る

「別に好意とかはなく、普通に礼儀正しい人だなと思って、女の店員さんを軽くほめただけなのに『なんでそう言うこというの?口に出して言う必要ないよね?妬かせたいの?』と怒られたことがある。

自由に発言できない感じが息苦しかった」(20代・不動産)

彼が他の女性をほめたら、彼女としては内心ムッとしてしまうかもしれません。

でも実際は別に好意があって褒めたのではなく、人として・一般論として褒めているだけ、ということもあります。

過剰に反応しないほうが、余計なケンカを防げるでしょう。

重たいと嫌われてしまう?

今回ご紹介した内容の中に、自分の行動に当てはまるものはありましたか?

もし、当てはまるものがあったなら要注意かもしれません。

「好き」という気持ちが大きすぎると、重くなりやすい傾向があります。

恋愛以外のことに夢中になるなどして、彼への気持ちを少しセーブすると、気持ちが分散されていいかもしれませんよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)