男性の中には、素直に「好きだよ」と言葉で伝えてくれるわかりやすい人もいますが、奥手すぎて自分の気持ちを全く表現できない人もいます。

そんな奥手男子の場合、「好き」のサインを発しているのに気づけないこともあるんです。

そこで今回は奥手男子が出している超わかりづらい愛情表現についてご紹介します。

わかってあげて!奥手男子が発している「好き」のサイン

LINEで話しかけてくる

直接会ってもあまり話しかけてくれないのに、LINEは毎日のように来るってことありませんか?それって奥手男子の精一杯の愛情表現かもしれません。

奥手男子は、目と目を見て話すのがとにかく苦手です。好きな人を目の前にすると、それまで用意してきた言葉がすべて吹っ飛んで、頭が真っ白になることもしょっちゅうあります。

そのため、顔を見ずに話せるLINEは彼らにとって絶好のツールなのです。

話しかけるとツンツンしている

自分から話しかけてくることが少ない奥手男子ですが、あなたと話したくないと思っているわけではありません。むしろ、妄想の中ではかなり弾丸トークをしていたりするんです。

そんな奥手男子に女性の方から話をすると、なんだか素っ気ないと感じるような対応を取られることがあります。

それは、彼らがカッコ悪い姿を見せたくないと思っている証拠です。話しかけられたら喜んで尻尾を振る犬のようには見られたくないと思っているのです。

そっとそばにいる

奥手男子もなるべく好きな人のそばにいたいという気持ちは変わりません。それが行動となって現れると、「いつの間にかそばにいる」という状態が発生します。

会社などで他の人と話しているときに、ふと気が付いたら横にいたなんていうのは、典型的な奥手男子の好きサインです。

また、飲み会などで最初は離れて座っていたのに、最後にはちゃっかり横に座るなんて技も習得していることがあります。

おわりに

奥手男子から愛の告白を引き出すのはかなり難易度が高いことです。とはいえ、奥手男子だって、好きな人を他の男にとられたくないと思っています。

あなたのことを気にしている奥手男子に気づいたのなら、毎日少しずつ会話を振って、緊張の糸をほどいてあげることが重要です。

あなたの方から心を開けば、次第に相手も勇気を出してくれるはずです。そうなれば、奥手男子からの告白も聞ける可能性が高くなりますよ!

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)