気になる男性と「両想いだったらいいな」と思いますよね。

相手の好意を確かめたいとき、率直でわかりやすい男性ならいいのですが、なかには淡泊だったり気持ちが読み取れなかったりする男性もいるでしょう。

そこで今回は、男性が気になる女性に見せる、意外な脈アリサインをご紹介します。

気になる男性に勇気を持ってアプローチできるように、彼の気持ちを見抜く参考にしてみてください。

「気になる女性」に見せる?男性の意外な脈アリサイン3つ

1.声のトーンが下がり、小さくなる

好きな人を前にすると、声のトーンがつい上がってしまうことも多いのではないでしょうか?

男性も同じように、好きな人を前にすると声のトーンが変わる瞬間があるようです。

たとえば周りに人がいて、あなただけに聞こえるように「帰り、一緒に帰ろう」「その服似合っているね」などと、声を小さくして伝えるとき。

「メッセ送ったから、LINE見てみて」「今度は二人きりで来たいね」と、呟くように声を出すのは、あなたのことが気になるからではないでしょうか。

声のトーンを低くして、それとなくセクシーな声を出すのは、男らしさをアピールしつつあなたの気を引きたいからでしょう。

彼がほかの人と話すときに、なにか違うところがないか、ちょっと意識して聞いてみてください。

2.やたらと褒めてくる

気になる人に対してはどうしても興味関心がわくものです。

「ステキだな」と思うからこそ、相手のことがあれこれと気になってしまいますよね。

たとえば、「いつもオシャレな服着てるよね」「いい学校出てるんだね」と、彼なりに「すごいな」と思ったところを褒めるでしょう。

他の人が気づかないようなところも彼がやたらに褒めてくれるなら、それだけあなたのことをいいなと思っているからかもしれません。

あなたも同じように、彼の「いいな」と思うことをどんどんと褒めてあげましょう。

彼もうれしくなって、積極的にアピールしてくれると思いますよ。

3.口数が少ない

好きな人を前にすると、つい緊張してしまう人もいるでしょう。

はたまた、ついおしゃべりになったり、話したいのに「こんなこと言ったら嫌われるかな」と感じてうまく話せなかったりすることもありますよね。

これは女性だけではなく、男性も同じなのです。

相手との関係によっては、駆け引きを意識するあまり話が弾まずに気まずい思いをするかもしれませんが、お互い様と思ってしまえば気が楽になりますよ。

LINEのやり取りもしかりです。仮に男性からの連絡が少ないからと諦める必要はありません。

あなたが本命でも「ウザがられたらどうしよう……。」と感じて、LINEをできずにいる男性もいるのです。

もし、ほかの人と態度や言動が違うなら、好きの感情があるからかもしれませんよ。

おわりに

両想いの自信がないうちは、ついヤキモキしたり、不安を感じたりするものです。

彼の気持ちを上手に察知しながら、2人の距離を縮められるよう、あなたからもアプローチができるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)