なんとなく、いいな……と思うような男性が現れても、自分には縁がないとすぐに諦めてしまったことはないでしょうか。それは非常にもったいないこと。

障害なんて、考えたらいくらでもあります。そこで、女子が恋を諦めてしまいがちな「もったいないパターン」をあげ、乗り越え方も合わせて紹介してきます。

それを乗り越えて!女子が恋を諦める「もったいないパターン」

友だちのことを好きそう

「2対2の飲み会があって。ひとりの男性がちょっと気になったんですね。でも、その人は私の友だちにばかり話しかけていて……。脈がないと思って諦めたんです。でもしばらくして、本当は私のほうを気になっていたという話を、人づてに聞きました」(27歳/介護)

気になっているからこそ、むしろ話しかけにくいという場合もあります。なので、それで諦めてしまうのは時期尚早。連絡を取り合うぐらいはするべきでしょう。

会って話すよりも、LINEのほうが本音が伝えやすいというタイプの人もいますから。

休みが合わない

「飲み会で初めて会った男性がいて、話がすごく合ったんです。雰囲気も良くて、いいな……と思っていたんですね。でも、仕事の話になったとき、まったく休みが合わないことが分かって。それで引いてしまいました」(28歳/通信)

休みが合えば、会う機会も増えるし、長時間一緒に過ごせます。しかし、時間に余裕があると、会えないことに不満や不安を感じてしまうこともあります。

制限のあるなかで、自分のために時間を割いてくれるのか、まずはそこで脈ありかどうかを確かめるべきでしょう。

もう会う機会がない

もう会う機会がない

「しばらく気になっていた男性がいたんですけど、急に長期出張に行くということになってしまったんです。しかも、かなり遠い場所で……。もう会う機会もないと思ったので、諦めるしかなかったです」(28歳/教育)

永住するわけではないですから、諦めてしまうのは早いかもしれません。しかも、今は電話で、顔を見ながら通話することが可能な時代です。

会えないというのを、それほど深刻に受け止めることはないでしょう。こっちに来たときに会おう……ぐらいの軽い感じで、連絡を取り続けてみてはいかがでしょうか。

彼女がいる

「以前、彼女がいる男性を好きになってしまって……。どうすることもできないので、諦めたんですね。でも、それから半年ほどして彼女と別れたと人づてに聞いたんです。しかも、もう彼女もいると。だったら諦めなきゃ良かったと思いました」(25歳/アパレル)

彼女がいるとしても、結婚しているわけではないので、思いを断ち切る必要はありません。

相手の関係がどういう状態かというのは、すぐには分かりません。もしかしたら、すでに冷めている場合あります。

なので、しばらく様子を窺うくらいはしてもいいでしょう。

おわりに

人を好きになれば、何かしら障害が立ち塞がるもの。それを乗り越えるのが、恋愛の醍醐味でもあります。

すると、手に入れたときの喜びは、何倍にも膨れ上がることでしょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)