気になる彼が疲れているとき、ちょっとした言葉で癒やせたら、気持ちの距離は一気に縮みますよね。

しかし、男性の心理が良く分からないままだと、なんと伝えたらいいか分からず空回りしてしまうことも。

そこで今回は、男性が1日の終わりにもらうと癒やされるLINEを紹介します。

明日もがんばれる!男性が1日の終わりにもらうと癒やされるLINE

○○くんを思い出したら元気になれたよ!

「気になる子から『今日仕事でミスして落ち込んでたけど、○○くんを思い出したら元気になれた!ありがとう~!』ってLINEをもらったときは、俺のこと思い出してくれたんだって思って嬉しくなって、癒やされました」(25歳/企画)

落ち込んだときは気持ちもふさぎ込みがちになるものです。

そうした場面で気になる彼の顔が浮かぶ、なんてことはないでしょうか?

この彼も、自分のいない場面なのに思い出してもらえたことがほっこりポイントになったのではないでしょうか。

元気づけられた喜びは、素直に彼に伝えてみるとぐっと距離を近づけるチャンスになるかもしれませんね。

寝る前に○○くんにお疲れ様が言いたくて

「今の彼女と付き合うきっかけは、彼女が毎晩送ってくれたLINEでした。『寝る前に○○くんにお疲れ様が言いたくて…』と控えめな文面からはじまるので、疲れてるときは2~3回やり取りして終了。その辺の配慮にも惹かれました」(28歳/メディア関連)

1日の終わりに届く、女性からのお疲れ様は癒やされるという声が多数あります。

男性を気遣う気持ちはLINEでも伝わるようですね。彼の負担にならないようなタイミングややり取りの回数にすることも、ポイントのひとつ。

相手の立場になったときに嬉しいと感じるようなLINEが送れるよう、イメージを膨らましてみるといいでしょう。

○○くん、頑張っているね!

男性をLINEで癒すには?

「プレッシャーが大きい仕事のときって大体の人が「頑張れ」って言うんですけど、1個上の先輩だけは「○○くん、頑張っているね!」って言葉をくれて。頑張りを認めてもらえてる気がして、明日も頑張ろうって思えましたね」(29歳/営業)

仕事を頑張っている男性にとって、頑張れの言葉はプレッシャーになる場面もあるようですね。

悪くはないのですが、伝え方によっては「もう頑張っているよ……!」と、彼の気持ちが離れてしまう危険性も。

男性、とくに年下の彼を癒やすLINEを送りたいときは、彼のこれまでの行動をねぎらう言葉を送るようにしてはどうでしょうか。

言い方ひとつでガラリと関係が変わりそうな応援の言葉は、覚えておきたいフレーズです。

相手に寄り添う言葉を選ぼう

一見、強そうに見える男性も、心の中ではプレッシャーやストレスを抱えていることも少なくありません。

そんな時は、根ほり葉ほり聞き出すよりも、褒めたり認めたりする言葉を伝えるほうが癒やしにつながります。

自然と癒やしをもたらすことができる女性のことが気にならない男性はいません。

上記を参考にしながら、気になる彼との距離を縮めちゃいましょう。

(愛カツ編集部)