気になる男性ができると、彼がどんな性格なのか気になりますよね。

彼が誠実な人なのか、優しい人なのか……付き合うなら、キケンな男性は避けたいと思う女性も多いはず。

今回は、男性の生まれ年の干支別に、一途に愛してくれる男性ワースト5を占います。5位から1位の順で発表です。

干支別・浮気しやすい?恋すると一途になる男性ワースト5

5位 未(ひつじ)年生まれ

……よそ見できないけど

よく知っている人以外は、ちょっと怖い未(ひつじ)年生まれの男性。

他の女性によそ見をするのは自分的にハードルが高いのもあり、両想いとなった女性を一途に愛します。

しかし、女性に不審を感じると、動揺して一途さも揺れるでしょう。そんなときに、つい自分のそばにいる他の女性に目移りしてしまうことがあるかも。

4位 寅(とら)年生まれ

……振れ幅が大きい

ドラマティックに愛してくれるものの、気持ちの振れ幅が大きい寅(とら)年生まれの男性。

怖いくらい一途に愛してくれる時ももちろんあるのですが、何かがきっかけで真反対の状況になり、彼女以外の女性が気になってしまうこともあるでしょう。

3位 卯(うさぎ)年生まれ

……フットワークが軽い

軽い感じで楽しく恋愛するのが好きな、卯(うさぎ)年生まれの男性。

一途じゃないわけではないのですが、他のことにも気を取られることが多いというのが、ホントのところ。

また、恋愛のフットワークが軽く、理想の彼女像もコロコロ変わりがちでしょう。

2位 午(うま)年生まれ

……複数の女性が気になっちゃう?

午(うま)年生まれの男性は単純なところがあり、好きになった女性には一途です。

ただ、好きになる女性が複数できてしまうこともあるのが、ちょっと問題。

本人的には、ひとりひとりに同じように一途だからいいじゃん、という感じで何人かの女性と関係を持ってしまうかも。

1位 申(さる)年生まれ

……一途なのは一瞬

自分が人気者だということをわかっている、申(さる)年生まれの男性。

その場限りで楽しむ傾向があり、雰囲気にのまれがちなところがあります。

口説くときは100%一途でも、しばらくするとその気持ちは薄れてしまうタイプでしょう。

付き合うなら一途な男性がいい?

付き合うなら、自分だけを見てくれる一途な男性がいいと考える方は多いでしょう。

しかし、一途すぎると重くなってしまい、束縛や嫉妬が激しくなってしまうこともあります。

「一途さ」と「重さ」のちょうどいいバランスを持った男性を見極めるのが大切かもしれませんよ。

今回ご紹介した内容を参考に、自分に合った男性を探してみてくださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)