本当は「本命の彼女の座をゲットするには、どうすればいいのか」なんてことを考えることなく、なんとなく男女で出会って、なんとなく本命になって結婚してゆくというのが、一番いいことなんだろうと思います。

でもそうも言っていられない人のために、今回は男性が結婚を考える本命彼女選びで「重視している意外な条件」についてお届けしたいと思います。

さっそく見ていきましょう!

意外すぎ!男性が結婚前提の本命彼女に求める条件3つ

1.趣味を理解してくれる

「ぼくと趣味が合うかどうか、合わないまでも理解してくれるかどうかという点は重要視しますね」(25歳・広告)

たとえば、お酒を飲む男子は、一緒にお酒を楽しんでくれる女子を本命の彼女にしたいとか、そういうことですよね。

趣味を通してカップルでいろんな会話ができるというのは、将来にわたって安定した関係を築く基礎でしょうから、この男子はわりと賢明な判断をしていると言えるのではないかと思います。

また彼の趣味に興味を持っている姿勢を見せるだけでも好印象なはず。

好きな彼の趣味は事前にリサーチをしておくと会話が弾むかもしれませんね!

2.一緒にいて落ち着けるかどうか

「見ているだけならモデルさんのような綺麗な人に憧れますが、結婚するとなると、どうしても一緒にいて落ち着ける普通の子が良いなって思います。」(28歳・飲食)

男性のなかには。あまりに美しい女性と一緒にいると、どうしても落ち着かないから、そういう女性とは結婚を考えられないという男性の意見は、何回か聞いたことがあります。

女性なら一度は「あの人みたいに美人になりたい!」と、アイドルやモデルに憧れたことがあるでしょう。

でも、それよりも彼が落ち着く「帰る場所」になるのを目指すのが本当は良いのかもしれませんね。

3.母親に似ているかどうか

「ぼくは彼女を結婚を考える相手としてつい見ています。そうすると、うちの父親とか母親とも仲良くできるかな?っていうのを考えるんです。

そうするとうちの家族に馴染みそうな母親に似ている女性についつい惹かれてしまいますね」(30歳・通信)

マザコン男子の発言というわけでもないでしょう。

結婚が「家族になること」である以上、「既存の家族という仲間をどれだけ大切にしてくれる女子なのか?」を、男子たちは口にしないまでも考えているように思います。

逆に、「母親といかに似ていないか」を見る男性もいるようです。

「ぼくは自分の母親のことがあまり好きではないので、母親と真逆の女子を本命の彼女にしたいと思っています。口うるさくなくて、過干渉ではない女子とつきあいたいのです」(28歳・建設)

良くも悪くも、男子にとって「母親」という基準は、本命の彼女選びにおいて外せないものなのかもしれません。

おわりに

男性にとって本命彼女はいずれ結婚相手の候補にもなるもの。

そのため、「楽しいければ良い」ようなお付き合いの相手には求めないような条件までついつい求めてしまうようですね。

(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)