シャイな男性の言動は繊細で少し分かりにくいですよね。

しかし、男性なりに頑張って愛情表現してくれているかもしれません。

そこで今回は、シャイな男性がさりげなく出している「好きアピール」を5つご紹介していきます。

好意のサインを知って、シャイな男性からの愛情を見逃さなさずにキャッチしましょう。

シャイな男性の本音はココに出る!わかりづらい「好き」アピール

気付いたらいつも隣にいる

皆で遊ぶといつもシレっと隣に立っている。飲み会では話しかけないのに必ず隣を選んで座る。

これらはシャイな男性がする“好きアピール”の典型例といえます。気にかけていることを知ってほしくて、せめて近くにいようとするようです。

シャイだから大胆に気を引くことはできないけど、自分の存在を認識してほしい……。そんな心理が隠れています。

いつも隣をキープする男性がいたら、思い切って声をかけてみましょう。彼のハードルが一つ下がり、積極性を発揮やすくなるかもしれませんよ。

遠くから視線を送る

男性の多くは無意識に好きな人を目で追います。

心のどこかで「偶然目が合ってくれないかな」なんて期待していることも。気になる彼の視線に気付いたら、自分からも見つめ返すと良いですよ。

また、好きな女性に話しかけたくてウズウズしているときも、遠くからじっと視線を送ります。

彼のもとに近づいて話しかけるチャンスを作ったり、話しかけてあげたりすると、喜んでくれるかもしれません。

酔ったフリをして親しく話す

普段は物静かな印象の男性が、酔うと急に親しく話しかけてきた経験はありませんか?

実は本当に酔っているわけではない、というケースもあるようです。「酔っていたから」と後で言い訳できるから、失敗を恐れず思いきり話せるようになるのだとか。

また、実際にアルコールの作用で気が大きくなっているとも考えられるでしょう。

日頃から心のどこかで「〇〇さんと話したい」「もっと仲良くなりたい」「カワイイ」と思っているかもしれませんよ。

「次」を約束する

「また今度ね」「次会った時に聞かせてね」などは、将来も関わりたいという意思表示です。

一時的なコミュニケーションで終わらせるつもりはありません。また、「どこかに行かないでほしい」「他の人に取られたくない」という心理が隠れていることも。

シャイな自分のことを理解しているからこそ、恋愛が失敗しないか不安なのです。

気になる彼が消極的で「好きなのかな…?」と不安になっても「次」を約束してくれたなら大丈夫。

次回彼と会うときまで、楽しみな気持ちをじっくりと育てていきましょう。

LINEだと饒舌

シャイな男性の中には「対面は緊張するけどLINEなら大丈夫」というケースがあります。

LINEだと饒舌になるならば、緊張が解けて本来の自分が出せているのかもしれませんよ。

とはいえ、直接会っている時にも愛情を実感したいのが女性側の心理ですよね。

彼と会う時にはなるべく人目のないじっくりと話せる環境を選ぶと良いかもしれません。

個室の居酒屋で食事したり、自然の豊かな場所でお散歩したり、リラックスできるシチュエーションを提供しましょう。

シャイな彼をサポートすると進展するかも

シャイな男性のアプローチは、分かりにくくてもしっかりと愛情が伴っています。

彼が自分の愛情を素直に表に出せるように女性からもサポートすると、恋愛が進展し始めるかもしれません。

シャイな男性は「失敗したら怖い」「嫌がられたくない」などの不安が人一倍強いとも考えられます。

彼が安心してアプローチできるように、女性から好意的な態度を示すことがポイントです。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)