恋愛のチャンスがなかなか巡ってこないあなたは、実は男性から「痛い」と思われている可能性アリ!

このまま痛い言動を続けていると、どんどん恋愛から遠ざかってしまうかもしれません。

そこで、モテる女性への第一歩を踏み出すために、男性から見た「痛い女性」の特徴を3つご紹介します。

もしかして当てはまるかも?男性から見た「痛い女性」の特徴3つ

ぶりっこがバレバレ

「明らかに甘えた口調だったりとか、かわい子ぶってたりする子は、痛いですね。男にはバレないと思ってやってるのかもだけど、ぶりっこって意外とすぐにわかるんですよ。バレバレすぎるぶりっこはやめた方がいい!」(25歳/自動車メーカー)

モテようと男性の前でぶりっこをしすぎるのは禁物。その不自然な姿に痛いと感じてしまう男性も多いようです。

また、あざとさも伝わりやすいので、やりすぎには注意しましょう。

作り込まずナチュラルな自分をさらけ出すことで、逆にあなたの魅力が伝わりやすいこともあります。

過度なぶりっこは封印して、かわいい笑顔や周囲への気遣いで男性のハートをくすぐってみてくださいね♡

自虐ネタが笑えない

「笑えない自虐ネタを言ってる女性に痛いと感じたことがあります。自分の容姿をディスってたり、フラれた話とかしてたりしてる子は、恋愛のチャンスを逃してると思う」(28歳/公務員)

自虐ネタはあなたの印象をマイナスにしてしまうことがあるので、気になる男性がいる場では控えておくのが無難。

あまりにも自分をさげすむ言動は、痛いと思われがちです。

自虐ネタは封印して、面白かった出来事やあなたが今頑張っていることなどを話して、プラスの印象をゲットしましょう!

過去の恋愛話をペラペラしゃべる

「過去の恋愛話を武勇伝みたいにペラペラ話してる女性がいたんですけど、痛すぎて一瞬で恋愛対象から外したことがあります。自分がこれだけモテるんだよっていう自慢なんだと思うけど、かなり痛い感じでしたね」(25歳/IT系企業)

出会いの場で過去の恋愛話を自分から持ち出すのは避けましょう。

「私はモテる!」と遠回しに言っているような雰囲気が、痛いという印象を与えてしまうことがあります。

男性から過去の恋愛について聞かれた際は、自慢にならないよう言葉を選ぶのがポイントです。

どちらから告白されたか、なぜ別れたかなどは、自慢話に聞こえがちなので要注意。

どんな彼氏だったかなどを中心に話せば痛い印象を回避できるはずです!

痛い言動は封印するべし!

普段の何気ない言動から「痛い」と思われる部分を取り除いて、素敵な出会いを引き寄せましょう。

魅力的な女性は、自然と男性との接点が増えるもの。

ぶりっこや自虐ネタ、自慢などの痛い言動は封印して、素敵なオーラを放つ女性に変身してくださいね♡

そうすれば、きっと素敵な彼氏と巡り合えるはず!
(愛カツ編集部)