結婚する男性とか、夫婦になってもずっとラブラブでいたいですよね。

一緒にいる時間が長くなると、ふたりでいるのが当たり前になり、愛情表現も減ってくることがあるでしょう。

しかし、結婚してからも、恋人同士のころのように愛情を注ぎ合えれば、ずっと仲の良い夫婦でいられるはず。

今回は運命の基本を占うことができる、生まれ年の干支別に、夫婦になってもラブラブなカップルをランキング形式で占ってみました。5位から1位の順での発表です。

干支別・夫婦になってもラブラブなカップルTOP5

5位 巳(へび)年生まれの男性×丑(うし)年生まれの女性

……お互いを尊重し合う夫婦

凝り性な巳(へび)年生まれの男性。結婚しても、ついひとりで仕事や趣味に没頭してしまいがち。

そんな夫をよく理解してあげるのが丑(うし)年生まれの女性。

普通ならケンカになりそうですが、妻が頃合い良く声をかけて休ませたり、「私も一緒にやってみたい」と歩み寄ったりするので、夫も心を開くのです。

夫婦で共通の趣味を持ち、お互いを尊重し合う夫婦になるでしょう。

4位 午(うま)年生まれの男性×未(ひつじ)年生まれの女性

……やんちゃ&おっとりな夫婦

血気盛んな午(うま)年生まれの男性。頼めば気持ちよく動いてくれるし頼りになるのですが、住居探しや子供の教育など、大切なことをよく調べもせずに直感で決めるところが。

そんな夫を上手にフォローするのが、未(ひつじ)年生まれの女性。決定権は夫にゆだねつつ、下調べをして候補を挙げるなどし、手綱を握ります。

やんちゃな夫がおっとりした妻を大切にし、楽しくやっていけるでしょう。

3位 辰(たつ)年生まれの男性×酉(とり)年生まれの女性

……憧れのカッコいい夫婦

外では「よくできた人」と言われることが多いけど、夫としては案外ズボラなところがある辰(たつ)年生まれの男性。

ゴミや洗濯の分別ができない、普段着がだらしないなど、意外な一面も。よく約束を忘れることもあり、職場と家庭内では大違いです。

そんな夫を面倒だと思わずに自分好みに仕立てていくのが酉(とり)年生まれの女性。

「職場でも家庭でもカッコいい夫婦」と羨ましがられる、憧れの仲良しカップルになるでしょう。

2位 卯(うさぎ)年生まれの男性×戌(いぬ)年生まれの女性

……末永く愛し合う夫婦

愛されキャラだけど、ちょっと頼りないところのある卯(うさぎ)年生まれの男性。

ところが戌(いぬ)年生まれの女性と結婚すると、温和な性格はそのままに、内に秘めた闘争心が芽吹き始めます。

「この人を絶対幸せにしてあげたい」と意欲的になり、バリバリ仕事をこなすようになるのです。

そんな夫を妻は心から愛し、信頼して尽くすので、末永くやっていけるでしょう。

1位 丑(うし)年生まれの男性×子(ねずみ)年生まれの女性

……お互いを信頼し合う絆が強い夫婦

丑(うし)年生まれの男性は、不器用ながらも愛情深いタイプ。

繊細な子(ねずみ)年生まれの女性を優しく包み、よほどのことがない限り家庭を優先してくれます。

妻も、素直な気持ちで夫の愛情に応えたいと、家事や育児をがんばるでしょう。

夫は結婚したあとに、「この妻を選んで良かった」と幸せを感じます。絆の深い夫婦として、ずっと仲良く暮らしていけそうです。

結婚の相性は本人たち次第?

結婚の相性は、先天的な相性に影響されやすいと言われていますが、ふたりの努力によって変わっていきます。

最初は相性が良くても、ふたりが仲良くなる工夫をしなければ、相性が悪くなってしまうことも。

いっぽうで、初めは相性が悪くても、お互いの違いを受け入れて話し合いを重ねることで、相性が良くなっていく夫婦もいるでしょう。

あなたがもし、結婚したい!と思う相手に出会っているのなら、彼と自分の違いを受け入れて、本音で話す機会を設けると絆が深まるかもしれませんね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)