親友とは何年も仲良しだけど、彼氏とはこじれやすく、なかなか関係が続かない……そんな女性も中にはいるのではないでしょうか?

「親友なら大丈夫なのに、なんで彼氏とはダメなんだろう」って思ってしまいますよね。

そういう女性は、彼氏と付き合う際、親友に接するような付き合い方にしてみると、うまくいくかもしれません。

今回は、彼氏と「親友」として付き合ったほうがうまくいく理由をご紹介します。

絆が深まる!彼氏と「親友」として付き合ったほうが長続きする理由って?

素の自分を出して、自分を解放できる

彼氏の前ではイイ女でいようと思っても、親友の前ではイイ女でいようと思わないですよね。

親友なら、「引かれたらどうしよう……」とか考えずにバカなこともできたりするのではないでしょうか。

信頼できる親友といるときって、多少の気遣いはありつつも、素の自分に近い状態でいられますよね?

そう、彼との関係を長続きさせたいのなら、「カップル」として付き合いつつも、素の自分を出して「親友」として接したほうが付き合いやすくなるんです。

もちろん、親友みたいに接するとはいえ、恥じらいは忘れないほうがいいです。

でも、親友と一緒にいるときのように自分を解放させたほうが、彼とも付き合いやすく長続きするはずですよ。

束縛や嫉妬、尽くしたりはしない

親友に束縛や嫉妬しますか?親友に尽くしますか?

あまりそういったことはしないですよね。

たしかに、親友が他の友人とばかり遊んでいたら、ちょっと寂しくなることもあるかもしれませんが、基本的に彼氏に抱くような嫉妬心は抱かないはず。

彼氏を「自分の彼氏」と思うから独占欲が強くなったり、好かれようとして尽くして重くなったりして、関係がこじれやすくなるんです。

重くなりやすい女性、自分で恋愛を壊しやすい女性は、彼への接し方を親友への接し方に変えてみるといいかもしれません。

意識しないとなかなか難しいかもしれませんが、恋はきっと壊れにくくなるはずですよ。

小さなことで不機嫌にならない

親友と一緒に出かけているときの自分を思い浮かべてみてください。

基本的にご機嫌だったり、テンションが高めだったり、ポジティブで心は穏やかではありませんか?

小さなことで不機嫌になったり、不機嫌な態度で相手の気を引こうとしたりすることは、あまりないですよね。

親友といるときって、相手に変に期待をしていない分、不満もなく心が穏やかになるのです。

逆に彼氏の場合は、好きすぎるがゆえに彼に変に期待してしまい、彼が期待に沿う言動をしてくれないとがっかりして、つい小言が増えたりしませんか?

変にギスギスしないためにも、親友として付き合ったほうが安心だということですね。

ポイントは好きになりすぎないこと!

恋が壊れる原因はいろいろありますが、好きすぎるあまり距離が近くなりすぎる、というのも壊れる原因の一つ。

彼との関係を長続きさせたいのなら、好きになりすぎないことがポイントですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)