順調に付き合っていると思っていた彼氏から、突然別れを切り出されたことはありませんか?

実は、あなたが「別れたい」と思われるような言動をしてしまっていたのが原因かも。

今回は男性に聞いた、彼女に対して「別れたい」と思ってしまった瞬間をご紹介します。

回避方法も併せて解説するので、「彼氏と仲良く付き合い続けたい」と思っている方も、チェックしてみてください。

これは許せない!男性が彼女に対して「別れたい」と思った瞬間

わざと意地悪なことをされたとき

「多少の価値観の違いや、間違えてやってしまったこと、悪気がなかったことなら許せるけれど、“わざと”意地悪なことをするのは許せない」という声も。

彼にムカついたときは、つい勢いで意地悪な言動をしたくなってしまうかもしれませんが、冷静に解決方法を考えましょう。

また、彼氏の好意を確かめたくて、試すような行動をするのもNG!「頻繁に別れ話を持ちかけてきたり、嫉妬させようとしてきたりすると、面倒くさくて別れたくなる」と、不評です。

好意を確かめたくなったら、自分から素直に愛情を表現してみてください。

浮気をされたとき

当然ですが、浮気をしてしまった彼女に対し「別れたい」と思う男性は多いようです。

男性側の浮気に比べ「一発アウト」になる確率も高い印象。「他の男と寝た彼女に、魅力を感じられなくなる」のだそうです。

浮気をしたくなるくらい寂しいときは、彼氏に「かまってほしい」と伝えてみましょう。

趣味や仕事、交友関係に文句を言われたとき

彼の趣味や仕事、交友関係に文句を言ったことがきっかけで、「別れたい」と思われてしまうこともあります。

男性側からすると「迷惑をかけているわけじゃないのに口を出さないでほしい」「気に入らないなら別れればいいのに」といった気持ちになるそう。

自分に迷惑がかかっていないのであれば、「なぜ嫌だと思うのか」をいったん整理して考えてみてください。

あなたの好みの問題で、彼に伝えるべきことではないと判断したら、自分の中で折り合いをつけておきましょう。

あなたの行動は大丈夫!?

あなたの今までの言動は、「別れたい」と思われるものに当てはまっていませんでしたか?

その場であまり怒られなかったとしても、油断は禁物。

「あれは本当に許せなかったな」と、彼の心の中でモヤモヤが熟成していき、突然別れを切り出されてしまうこともあります。

「あの言動はマズかったかも…!」と後から気づいたときは、なるべく早く謝るのがベターです!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)