好きな人に言われると嬉しいけれど、社交辞令として使われることもあるため、素直に喜んでいいのか難しい「褒め言葉」。

「浮かれてしまっていいのかな…」と、少しモヤモヤした気持ちも残りますよね。

今回は、「男性が本命にだけ言う褒め言葉」を解説します。

お世辞との違いは?男性が本命にだけ言う褒め言葉

最近頑張ってるから…これあげるよ

「最近頑張ってるから」などと褒めた後に、ちょっとしたお菓子やプレゼントをくれるのは、本命の証かも。

仕事で直接関わりのある相手なら、恋愛感情なしにそういった気遣いをしてくれる人もいますが、そうでないなら好意がある可能性大!

「この前のお礼です」と、後日ちょっとしたプレゼントを渡すと、何か進展があるかもしれませんよ。

〇〇すぎて、彼女(奥さん)にしたい!

料理上手、気が遣える、しっかりしている、といった点を褒める際に「料理上手すぎて彼女にしたい!」と発言する男性もいます。

冗談っぽく言っていますが、実はこれ「俺の好意に気づいて!」のサイン。

逆に、勘違いされたら困るので、好きでもない相手には言わないもの。

彼のことが好きなら「それってどういうこと…?」と、ツッコミを入れてみるといいですよ。関係が発展する可能性があります。

可愛い

男性が本命にみせるサインは?

女性に面と向かって「可愛い」と言える男性は、なかなかいません。

わざわざ声に出して「可愛い」と言ってくれたのであれば、好意を伝えたかったのだと思います。

ただし、思わせぶりなチャラ男である可能性や、なんでも素直に口にするタイプの人である可能性も考えられます。

その人が周りにどんな対応をしているのか、どんな評価をされているかを参考にして判断しましょう。

すごく頑張ってるよね…でも無理はしないで。

「すごく頑張ってるよね」と褒めた後に、「でも無理はしないで」「体調は大丈夫?」と、心配してくれるのも、あなたに好意があるサインかも。

仕事関係の人や仲のいい男友達であれば、恋愛感情なしにあなたを気遣ってくれているのかもしれませんが、そうでない相手なら脈がありそうです。

もし本当に悩みがあるのなら、思いきって彼に相談してみると、仲が深まるきっかけになるでしょう。

褒め言葉を返して自分の好意もアピールしよう!

本命の可能性があるなら、あなたからも何かアクションを起こしてみましょう。

恋愛はタイミングが大事なので、彼の好意に気づいたら、なるべく早く行動に移すのがポイント!

関係性が一気に進展して、お付き合いできるかもしれません。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)