男性は聞き上手な女性には自然と心を開けるようです。

なんでも言えるようになると、自分にとって大切な存在という認識になっていくもの。

そこで今回は、男性がハマる「聞き上手な女性」の共通点を紹介します。

色々と話しちゃう!男性がハマる「聞き上手な女性」の共通点

よく「笑ってくれる」

「俺の話を聞いてよく笑ってくれる女の子は、それだけで好印象を持ちます。どんどん乗せられて、いくらでも話していられる状態に」(27歳/男性/WEBエンジニア)

男性が女性と話していて一番テンションが上がるのは、話を聞いて女性が笑ってくれたとき。

「もっと笑わせたい」とか「もっと色々と話したい」という気持ちになる瞬間であるとも言えます。

しっかりとリアクションを取るのは、聞き上手になるために大事なことですが、中でも楽しそうに笑うのは最重要ポイントですよ。

適度に「視線」が合う

「話しているときに、ちゃんと視線が合うかどうかは大事です。話を聞いてくれているのが伝わるので、視線が合うと安心します」(31歳/男性/建築関係)

会話中に視線が全く合わないと、「聞いてくれていない」とか「俺の話に興味がないんだ」と思うもの。

たとえ気になる男性と話していて恥ずかしかったとしても、適度に相手の目を見るようにはするべきです。

キョロキョロとよそ見をしたり、ほかのことをしながら話を聞いたりするのは、確実にがっかりされるので絶対にNGです。

ちゃんと「返り」がある

「自分の言ったことに対して、すぐに言葉を返してくれると自然と盛り上がる。話してる話題についてどう思っているのか、もっと意見を聞きたくなります」(28歳/男性/音楽関係)

男性が話している内容に対して、聞くだけではなく自分なりの意見や考えを述べるのもポイント。

それは一緒に会話を作り上げる行為でもあるので、男性としても話し甲斐がある女性だと感じてくれるでしょう。

ただ、頭ごなしに否定をするような返し方は、嫌悪感を与えてしまうだけなので、まずは受け入れたうえで意見を言うようにすることが鉄則ですよ。

ただ「受け身」ではいない

「ただ聞いているだけではなく、積極的に話してくれたり、話題を振ってくれたりする女性とは、話していて楽しいです。ポンポンとなんでも言える相手ですね」(30歳/男性/調理師)

聞き上手というのは、受け身となって話を聞いていることだと思いがち。

そうではなく、男性に話をさせるように能動的に動けるかどうかが、実はとても大事です。

適度に質問をしたり、話をうまく広げたりできると、「この子には色々と話せちゃう」と男性は親近感を抱くものですよ。

おわりに

聞き上手になるのは、黙って話を聞いていればいいというわけではありません。

話していて楽しい相手になることが重要なので、その意識は常に持つようにしてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)