好きな彼との別れ際に、「また会おうね」と彼が言ったのに、その後一向にお誘いがない……。

この状況は不安になってしまいますよね。中途半端に期待させるくらいなら、「じゃあね」でよかったのでは?と思うことでしょう。

しかし、彼らは何も考えずに「また会おう」と言っているとは限らないようです。

本当は何を考えているのか?を聞いてみました。

「また会おう」というのに誘ってこない男性の心理

ただただ忙しい

「またデートする気、全然ありますよ!でも、正直今は結構忙しくて……。会える見通しが立ってないのにLINEするのもなんか気が引ける。時間ができたら誘いたいかな」(27歳・男性)

デートは楽しかったし、また会いたい気持ちはあるものの、すぐに時間が取れるわけではないので声をかけないケースです。

会えない間を雑談LINEでつなぐという発想がない男性も多いため、女子からすれば「あれは社交辞令だったの?」と思ってしまいがちです。

とはいえ、「忙しい」とは優先順位の捉え方でもあります。

2週間程度の長いスパンで見れば都合のつく男性も多いので、女子から「あいてる日教えて」と、予定を押さえてしまうのも手です。

なんか違うかも、と思っている

「一日かけてデートしたけどなんかぴんと来なかったって女子にも『またね』とは言います。決定的に嫌いなわけではないし、気を悪くさせる気もないですもん」(32歳・男性)

丸一日のデートや、遠出のデートで「またね」と言われて音沙汰ナシ。こんな場合は、「ちょっと違うかな」と思われている場合も考えられます。

ある程度時間をかけて相手を見たうえで「合わないかもな」と判断したものの、自分の気が変わる可能性もあって「またね」と濁しているのかも。

あきらめられなければ、たまのLINEで薄くつながりつつ、チャンスを待ちましょう。「またっていつ??」とか食い下がらなければ、ふとした時にお誘いがあるかも。

逆に誘われるのを待っている

「女子の気持ちがわからないと誘いづらい。愛想よく断られたり、引き延ばされたりしたらへこむので……。こっちは会う気あるのを示したんだから、女子からヒマな日を教えてくれたり、誘ってくれたらな~と思います」(26歳・男性)

自信のない男性によくあるケースですが、まさかの「彼も誘われ待ちだった」パターンも。

自分が「また会いたいね」と先に言ったのだから、彼女だって気があれば、誘ってくれてもいいのでは?と本気で思っているよう。

双方が待ちの姿勢になったせいで、そのまま自然消滅になったカップルもたくさんいます。

興味のあるデートスポットの話題を振ってみると、動きがあるかもしれませんよ。

脈ナシと思わないでほしい

「僕だってまたすぐデートしたい。コロナで出かけにくいから微妙だけど、また会いたいし、いろんなところに出かけたい気持ちはある。
しばらく積極的に誘えないけど、わざわざ言う『また会おうね』は社交辞令じゃない」(29歳・男性)

普段、デートの別れ際に次回の話をしない男性も多いです。

そんな男性があえて『また会おうね』という場合は、「しばらく会えなくても脈ナシじゃないからね」というメッセージをさりげなく伝えたがっているのかも。

「またね」「LINEするね」ではなく、「またどっか行こうね」など、会うことに重点を置いたニュアンスで伝えてるよ!という細かいこだわりを持つ男性もいました。

「また」=「すぐ」じゃない

会う気なんかないのに、わざわざ」その場のノリで「また会おう」と口にする男性はそういません。

女子は「誘ってくれない」「気が変わったの?」とイライラしがちな人も多いですが、男性にも彼らなりの事情や、タイミングの見極めがある場合も。

あなたの「また遊ぼうよ」の一言から急展開なんてこともあるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)