男性は基本的に、女性のまえでは「カッコいい自分を見せたい」と思うもの。

でも、本気で好きになった女性には、つい心を許して弱みを見せることもあるようです。

そこで今回は、本命女性にしか弱みを見せたことがないという男性に、話を聞いてみました。

弱みを見せるのは、長いお付き合いがあってこそかもしれませんね。

ずっと関係良好! 男性が本命にしか見せない弱みとは?

仕事の愚痴

「本気で好きだと思うからこそ、仕事の愚痴も吐いてしまう。職場にいる苦手な人とか、大事なプレゼンで緊張したこととか、明日の会議で憂鬱なときとかも愚痴っちゃう。彼女がいつも気持ちをわかってくれるから元気がでます」(25歳・男性・会社員)

仕事は毎日のことですから、毎日イヤとは言っていられませんよね。

ただ、どうしても憂鬱になってしまうことってありますよね。

そんなとき、あえて自分の弱みを見せることで、好きな女性に「これからも、きみは僕に元気をくれる人だ!」というアピールをしているのかもしれません。

過去の恋愛によるトラウマ

「男って過去の恋愛を引きずりがちなので、本気で好きな女性ができたら、自分の過去も受け止めてほしい。僕の失恋話で『元カノってヒドイ女!』『そんなの信じられない』なんて言ってもらえるのが理想」(29歳・男性・自営業)

過去の恋愛がトラウマになって、なかなか本気で次の恋に踏み込めないこともあるでしょう。

でも、本命彼女にしたいという気持ちには、偽りなんてないはず!

どんなに自分が情けなく見えても、本命の女性には過去の失恋を打ち明けて、自分を肯定してほしいと願ってしまうのかもしれません。

「私はあなたを傷つけたりしない」と、安心させてあげられるといいですね。

自覚しているいい加減なところ

「頭でわかっていても、いい加減なところが直せません。でも本命彼女にはビシッと指摘してもらいたい。いい加減さが付き合ってからバレるのは嫌(笑)。この子なら自分を男にしてくれるという実感がほしい」(23歳・男性・大学院生)

好きな人に厳しく注意されるからこそ、いい加減な自分を改められるのかもしれません。

恋にありがちなのは、肯定的な言動ですが、男性がいつもそれを望んでいるわけではないようです。

言い方や伝え方を考慮しつつも、言うべきことはハッキリ伝える。そういった関係のほうが、信頼は築けるのかもしれません。

男性は意外と先を見据えてる?

本命彼女に対して男性が求めているものは、やはり信頼関係のようです。

相手に頼ったり、正直に気持ちを打ち明けたり、ときには厳しい一面を求める甘えたい願望も。

相手の望むものを見つけ出して、ずっといい関係でいられる、本命彼女になってくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)