以前はなにも感じなかったのに、好きになった途端、なにかしてあげたくなることはありませんか?

もちろん、それは男性も同じです。

今回は、好きになったからこそ、男性が相手の女性にしてしまうことを紹介します。

恋の予感がしたら、男性の言動を確かめてみてくださいね!

特別だから!男性がつい好きな女性にしてしまうこと

心配するだけでなく行動する

本気で恋する男性は、たとえ時間や労力が必要になったとしても、好きな女性のためなら「行動」に出てしまうもの。

実際、目の前に大変そうな女性がいれば、どんな男性でも「大丈夫?」と声をかけるでしょう。

でも、相手が単なる知り合いではなく、好きな女性だとしたら、もう一歩踏み込んで「~しようか?」と提案してくれるはず。

なにかを買ってくれる、家に送ってくれるなど、あなたが喜びそうなことを、進んで行動してくれるなら、恋の予感を信じてみていいかもしれません!

毎日褒めるポイントを探す

好きな子の笑顔は、恋する男性にとって、なによりも幸せなものです。

その笑顔が、自分への好意の表れだとしたらなお最高!

だからこそ、恋する男性は好きな子を喜ばせようと、毎日褒めるポイントを探そうとするはず。

「今日の○○オシャレだね」「そのイヤリング可愛い」「○○ちゃんのそういうところってすごくいいよね」など、男性から褒められることがあるなら、恋の可能性を期待してもいいかもしれません。

また、シャイな男性の場合、直接口に出さないでLINEで褒めてくれることも。きっと彼は、「あなたの笑顔が見たい!」と思っているのでしょう!

周りが褒めていると無口になる

自分にとって特別な人になってくると、男性のなかには「俺だけがこの子を喜ばせてあげたい!」という欲が出てくる人もいます。

そのため、自分以外の男の人から、好きな子が褒められていると、ちょっと嫉妬してしまうことも。

よく話す男性が無口でいたら、あなたを特別に思っている証拠と言えるでしょう。

できるかぎり一緒にいようとする

いくら一緒にいても、「恋愛対象外の男性は、好きにはなれない」というのが、女性の本音かもしれません。

一方、男性は一緒にいる時間が多ければ、とくに好意をもっていない女性でも、好きになってしまう人も少なくありません。

男性が、やたら長く会話しようとする、一緒に帰ろうとする、家まで送りたがる、などの言動がみられたら好意を持っている可能性が高いです。

もちろん、「露骨だとイヤがられるかもしれない……。」という不安から、思い切りが悪いこともあります。

どこかためらいがちな様子がありながらも、一緒にいようするならば、あなたを恋愛対象だと見ているのかもしれません。

男性の本音をよく見て

基本的に、男性は本音を隠すのが下手なようです。

強がったり、隠そうとしたりしても、どこかで「好き」という気持ちが言動に出てしまうもの。

ただ、男性視点での言動のため、女性にとってはわかりにくいこともあります。

ご紹介した男性の言動を参考に、あなたの恋を成就させてくださいね!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)