男性から「可愛いね」と言われたとき、「なんて返したら……。」と困ってしまう人は少なくないと思います。

素直に喜べずに困ってしまうのは、ベストな対応がわからないからかもしれません。

そこで今回は、男性が「可愛いね」と褒める理由と、お手本となる回答を紹介します。

女性に「可愛いね」と言う理由3つ&モテ女子の回答

理由1.単純に可愛いと思っている

男性は、単純に「可愛い」と思ったから素直に言葉にしていることも多いです。

照れることなく言ってくる、冷静な場合は、特別な意味はなくただ自分の感想を口にしているのかもしれません。

とくに洋服や髪型に対して「可愛い」と言ってきた場合は、特別な好意ではなく「センス」を褒めている可能性が高いでしょう。

理由2.好かれたい

あなたに好意を持っているからこそ、好かれたいという気持ちから「可愛いね」と褒めてくるケースもあります。

洋服や髪型ではなく行動や仕草、表情など「あなた自身に注目して褒めてくる」場合は、好意があるからこその言葉と言えるでしょう。

照れくさそうな発言だったり、見つめ合うようないい雰囲気での発言だったりする場合は、愛情表現に近い言葉とも言えますよ。

理由3.落としたい

純粋な好意から褒めているというよりも「この子を落としたい!」「惚れさせたい」という自分本位な気持ちから、「可愛いね」と言ってくる場合もあるようです。

乱発する、心がこもっていないように感じる場合は、口先だけの可能性があるので本気にしないほうがベター。

初対面ですぐに軽々しく「可愛い」と言う場合も、本気にしないほうがいいかもしれません。

モテる回答1.素直に喜ぶ

「全然、そんなことないよ」と必死に否定するのは、「言われ慣れていない」と非モテをアピールすることにつながります。

素直に「嬉しい!」「ありがとう!」と喜んだほうが、男性も明るい気持ちになれるはず。

同時に素直に喜ぶことで、「言われ慣れている」という雰囲気が生まれ、魅力的なモテる女性だと、あなたの女性としての価値の高さを彼に印象付けられるでしょう。

モテる回答2.適当にあしらう

本気に受け止められ過ぎてしまうと引くという男性もいます。

重々しい空気にならないように適当にあしらうのもモテ女子の対応法。

相手が軽い雰囲気で言ってくるようなら、「またまた~冗談ばっかり(笑)」「ほんと口がうまいよね~(笑)」などとあしらうほうが、会話も弾みやすくなるでしょう。

ただし、ムードある雰囲気のときや彼が意を決して発言した場合は、適当にあしらうと傷つけてしまう可能性があるので注意してくださいね。

謙虚と謙遜は違うもの!

謙虚さは大切ですが、謙虚と謙遜を勘違いしたままだと、自覚がないまま非モテになってしまうことも……。

嬉しいことは嬉しいと素直に受け止める余裕を持つことで、男性からの困る言葉にもうまく対応できるようになれるでしょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)