相性の良さを感じる女性とは、一緒にいて居心地がよくて楽しく過ごせるものです。

そういう女性にはそもそも好印象を抱くので、それが恋心へと変わっていく可能性だって高いでしょう。

そこで今回は、男性が「相性いいな」と感じるポイントを紹介します。

この子といると楽しい!男性が「相性いいな」と感じるポイント

無言でも気にならない

「無言になっても全くもって大丈夫な女性とは、相性いいなと感じるかもしれません。無理をしなくていい感じが、すごく心地いいんですよね」(33歳/男性/自営業)

一緒にいても無言の状態になることはあるでしょうが、重要なのはそのときにどういった様子でいられるか。

別に全く気にならずに、そのまま普通に自然体でいられる女性には、男性は居心地の良さを感じるはずです。

なんとかしようと無理して話題を作ったり、気まずさを感じて焦ったりすると、逆に変な空気を生み出すだけなので、リラックスして一緒にいられる時間を満喫しましょう。

無駄に気を使わない

「気を使わなくてもいい女性が、結局は一番自分に合っている気がする。気疲れしちゃうと、だんだん会うのも面倒になってきちゃうし…」(29歳/男性/医療関係)

好きな男性といるときには、どうしたって色々と気を使うことでしょう。

もちろんそれは大切なのですが、気遣いばかりに注力しすぎると、ふたりの間の緊張感が無駄に高まってしまうはず。

気を使いすぎず、素のあなたも見せたほうが、男性も肩に力を入れずに、安らげる状態であなたと接することができますよ。

すぐに仲良くなれる

「出会って間もないのにすぐに仲良くなれる女性とは、単純に相性がいい感じはします。ちょっと運命的なものを感じる瞬間でもあるかもしれません」(24歳/男性/IT)

相性の良さを実感する一番のポイントは、仲良くなるのに時間がかからないということ。

まるで昔からの知り合いかのように、すぐに打ち解けることができたら、男性だって特別な何かを意識してしまうでしょう。

自分から心を開いて接することが、打ち解ける時間を早めるための秘訣なので、気になる男性に対していつまでも緊張状態でいたら、その壁は越えられませんよ。

なにかと「タイミング」が合う

「遊びに行きたいと思ったときに、相手もそういう気分でいてくれると、ものすごく付き合いやすい。そこが合わないと、もう誘わなくなりがちです」(33歳/男性/映像関係)

気になっている相手がいても、タイミングがいまいち合わないと、うまく関係性を進めていけません。

タイミングが合わないと、相性が悪い感じもするので、自然と興味が薄れていく可能性だって大。

相手の状況を把握したり、ときには待つ姿勢を持ったり、好意をきちんと示したりすると、タイミングは合わせやすくなるし、相手も合わせてくれるようになるでしょう。

おわりに

親交を深めていくうえで、相性の良さはとても大事なポイントです。

「あの子とは合う」というイメージを持ったら、男性は一気に心も開いてくれるようになりますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)