男性は好きな女性とLINEをしているときには、ほかの女性には見せない言動を取りがち。

それは脈ありサインなので、気づくことさえできれば、ふたりの距離を一気に縮められるでしょう。

そこで今回は、男性がLINEで出している「脈ありサイン」を紹介します。

好意が隠し切れない!男性がLINEで出している「脈ありサイン」

無理に「用件」を作っている

「ちょっと強引にでも話題を作り出して、なんとかしてLINEを送ろうとする。好きな女の子には、無意識的にしちゃってますね」(26歳/男性/公務員)

好きな女性に対しては、LINEで会話をしたいと感じることも多くなるはず。

でも、何か用事がないとLINEを送りにくいので、無理に用件を作り出してくることもあるでしょう。

「わざわざ聞く必要ある?」とか「明日話せばよくない?」と感じるようなLINEがよく送られてくるのなら、とにかくあなたと話したいという気持ちが抑えられなくなっているのかもしれませんよ。

ちょこちょこと「探ってくる」

「気持ち悪がられるかなって思いながらも、本気で好きな女性に対しては、色々と聞きたくなる。というか、聞かずにはいられなくなります」(30歳/男性/システムエンジニア)

好きな女性のことは色々と考えてしまうので、気になることもたくさん出てくるものです。

だからこそ、LINEで話しているときなどにも、ちょこちょこと探りを入れたりしがち。

特に、恋愛に関連する質問をさりげなくしてくる男性は、あなたを恋愛対象としてかなり意識している可能性が高いでしょう。

基本的に「肯定的」である

「当然ではありますが、好きな女性に対して否定的なことはほぼ言わないですね。むしろほめることが多いかも。絶対に嫌われたくないので、マイナスなことは言わないようにしてます」(28歳/男性/WEBディレクター)

全体を通して、基本的に肯定的な姿勢でいてくれるというのは、脈ありサインと考えていいでしょう。

あなたの意見に共感をしたり、あなたの考えを認めたり、ときには背中を押すようなことを言ったり…。

そういう言動が多い男性は、あなたに対する好意や愛情が溢れ出ている状態だと言えますよ。

自分からは「終わらせない」

「好きな女性とはいつまででも話してられる。ずっとLINEをしていたくなるので、自分から終了させることはあんまりないかもしれません」(28歳/男性/アパレル)

自分からはLINEを終わらせようとしないというのは、男性の脈ありサインを見抜く大きなポイント。

好きな女性とは少しでも長く話していたいと感じるので、わざわざ自分から切り上げるようなことはしないのでしょう。

ただ、あなたもそれに合わせてダラダラと話しすぎるより、あえてちょっと早めに終わらせるようにしましょう。

そのほうが、「もっと話したい」と男性を夢中にさせることができますよ。

おわりに

男性だって好きな女性には、いつでもLINEを送りたくなるもの。

そういった隠し切れない好意を感じたのなら、あなたも好意を示してあげると、ふたりの関係も進展させやすいですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)