男性にとって女性が恋愛対象に入る瞬間はさまざま。

出会ってすぐ好きに……ということもありますが、長い期間友達として接してきた女性が恋愛対象になることもあります。

そこで今回は、そのどちらでも使える「男性に異性として意識してもらうコツ」をご紹介します。

振り向いてほしい男性がいるなら、ぜひ試してみてください。

目指せ恋愛対象入り! 男性に異性として意識されるコツ

簡単に男とふたりきりにならない

男と女がふたりきりで……そのシチュエーションに敏感なのは、女性より男性のほうかもしれません。

というのも、女性は恋愛対象かそうでないかがハッキリしている場合が多いですが、男性の場合は少し曖昧なケースが多いもの。

仕事なのに男性との打ち合わせを良く思わない彼氏、というのもよく聞く話ですよね。

そう考えるならば、簡単に男とふたりきりになってしまう女性は、恋愛対象として見てもらいたい場合、不利と言えます。

男性目線で見ると、「誰とでもふたりきりになるし、俺と一緒でも特別な意味ないんだろうな」と諦めさせてしまうことも……。

自分はまったく異性として意識していないとしても、好きな相手がいるのであれば、できるかぎり仕事以外で男性とふたりきりになるというのを避けておくほうがいいかもしれません。

「男性って○○なの?」と聞く

質問の仕方でも、「異性」として意識してもらうテクニックがあります。

たとえば、「男の人ってどう思うの?」という聞き方をすれば、異性として見ていることが伝わります。

男性は「俺と付き合ったときのことを考えてる?」と期待してしまうかも!

答えを聞いた後には、「女性の場合は、○○って感じるかも!」と返すと、より異性を強調できるのでおすすめです。

たまに女性特有の悩みを話す

たまに女性特有の悩みを話す

スキンケアや髪のお手入れ、友達付き合いや、そのほか女性ならではのお悩みってありますよね。

そういった話題を出せば男性も、「あ~、女の子なんだな~」と実感します。

お手入れをしている様子を思い浮かべるかもしれませんし、その積み重ねが、「異性」として意識してもらうきっかけになります。

ただし、男性が応えにくい性的にデリケートな話題はNG。

避けるか、オブラートに包む表現にするなど、配慮をお忘れなく。

次の機会のことは具体的に!

お目当ての男性と楽しい時間を過ごした後、「じゃあ、また今度~」だと、残る印象が軽くなってしまうかも。

別れ際ではぜひ、次に会うときのことを具体的に言葉にして伝えてみてください。

たとえば「今度○○のことも話したいな!」や、「次○○しようよ!」など。

相手の男性が、次に会ったとき、どんな楽しい時間になるかを想像することができれば、次に会うときまでに、あなたのことをたびたび思い浮かべるはず。

その積み重ねがあれば、きっと会うたびに異性として意識するようになるでしょう。

異性として意識してもらうきっかけを

友達に恋をしているなら、異性をアピールするというより、相手の男性が異性として意識してしまうきっかけを作るのがおすすめです。

会話の後や別れた後、会っていない時間も、「やっぱり女の子なんだな~」と感じながら思い出してもらえば、少しずつ異性として意識してもらえるようになるでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)