優しい男性に、心が惹かれがちではありませんか?

ただ、そんなときに「ちょっとヘンだな?」という違和感は、もしかすると「不倫常習犯」の気配を察知してるのかもしれません。

実は結婚をしていて不倫の常習犯だったり、いまはしてなくても結婚後に不倫をされたり……。

こんなことにならないように、不倫を常習とする男性の特徴をお伝えします!

優しいけど……実は不倫常習の既婚男性の特徴

頼れるけど融通は利かない

男性になにか頼みごとをしたときに、「いいよ、やってあげる」と快諾してくれたら悪い気はしませんよね。

でも、デートを少し延長したい、デート先を近場にしたいなどの変更をお願いすると、なぜかNGを出してくる男性は要注意。

もしかすると、他の女性との約束で時間が伸ばせない、浮気相手とのバッティングを避けたいなどの理由からかも。

普段は面倒な頼み事でもOKしてくれるのに、時間や場所などには融通が利かないという男性なら、不倫常習犯かも?

ワガママはOKでも束縛はNG

ワガママを聞いてくれる男性も魅力的ですよね。

でも、「コレ買ってほしいな」「○○に行きたい!」というワガママは許しても、「○○しないでほしい」「○○のときはLINEしてね」と、束縛するようなワガママに即NGを出してくるのは要注意。

普段ワガママを聞いてくれるのは、女性をつなぎとめておくためのエサかもしれません。

女性からの「束縛=首輪をかけられたような状態」になることを避けたいのでしょう。

聞いてくれるワガママと、NGなワガママの違いがあるなら、その内容から分析してみてください。

絶対に見せないところがある

不倫男にみられる言動は?

当然のことながら、不倫や浮気は秘密の場所で行われる情事。

つまり、不倫常習犯の男性には、誰にも見られたくない「場所」や「モノ」があるということです。

何度聞いても、教えてくれない、見せてくれないものがある場合、不倫常習犯の可能性があります。

あなたに隠しごとをするのは、不倫の証拠をつかまれたくないから。

秘密が多い、自分のことをあまり語りたがらないようならば注意しましょう。

男友達が少ない

一見、不倫や浮気とは関係なさそうに思えますが、不倫常習犯の男性には、男友達が少ないという特徴があるようです。

不倫や浮気は、ちょっとしたきっかけでバレることもあるので、不倫常習犯の男性は「横のつながり」をあまり作りたがらないのでしょう。

不倫相手とデート中にたまたま友達と鉢合わせ、「あれ?お前このまえは違う子と歩いてなかった?」なんて可能性もあります。

また、複数の女性を相手にすることで、男友達と話せないことが多くなるため、信頼関係が築きにくいのも男友達が少ない原因。

彼が不倫常習犯なのか気になっているなら、一度、同性の友達の数を聞いてみるといいかもしれませんね。

違和感を感じたら……。

不倫や浮気をしている男性ほど、女性の心をつかみやすいです。

相手が欲しがる言葉をかけたり、自己肯定感を満たしてくれるのはお手の物。表面的な優しさに惑わされないようにしてください。

あなたが察知した違和感は、幸せになれるか不幸になるかの分かれ道かもしれませんよ!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)