いい出会いはないかと恋愛チャンスを探ってみるものの、なかなか良縁に巡り合えない……。

そんな悩みを抱える女性は、少なくありません。

しかし実は、出会いを遠ざけているのは自分が原因である場合もあるのです。

今回は、男性が「この子とはムリかも……。」と、会った瞬間恋愛対象外になってしまう女性の特徴をご紹介します。

この子とはムリかも…男性が「恋愛対象外」だと認定する女性って?

美容に無頓着すぎる

女性にはいつもキレイであってほしい。男性は、基本的にそんな考えを持っている生き物なのです。

「鼻毛やまゆげなどのお手入れができていない女性は、まず恋愛対象外。彼氏がいなくても、常に男性の視線を意識できている女性でないと、なかなか魅力を感じるのは難しい」(27歳/会社員)

すっぴん風メイクがはやるなど、飾りすぎないスタイルがトレンドとなっている昨今。

しかし、美容に無頓着すぎるのはNGです。ムダ毛のお手入れなどはきちんと行い、男性から見られていることを意識したほうがいいかもしれませんよ。

頭の中がお花畑

幼い女の子みたいに、いい大人なのに頭の中がお花畑みたいなタイプの女性も、恋愛対象外のレッテルを貼られてしまうようです。

「ぶりっことは違い、頭の中だけ成長が止まっているみたいな女の人は苦手。小中学生が読むような少女漫画で、感動して号泣とかちょっと幼く感じる。『私はウブ』みたいなアピールはやめたほうがいい」(28歳/公務員)

見た目だけでなく、精神的にも幼さを感じる女性には、男性も女性としての魅力を感じないようです。

大人のダークな世界に一切目を向けようとしないような、いわゆる“頭の中お花畑”な女性は、少し大人の階段を上ることを意識したほうがいいのかもしれません。

思考が超ネガティブ

一緒にいても楽しくなくなるようなネガティブ思考の女性は、恋愛のチャンスを自ら遠ざけている可能性大です。

「飲み会でひたすらネガティブな話をしてる子がいたんです。『私なんて…』が口グセで、自分のことを卑下していました。こんな子と付き合っても、しんどいだけだろうなと思いました」(26歳/サービス業)

謙遜のつもりであっても、自分のことを下げ過ぎてしまうのはNG。

ネガティブ思考な人というイメージを持たれてしまっては、恋愛のチャンスも遠ざかってしまいます。

男性と一緒にいるときは、常にポジティブな言葉を口にするよう心がけましょう。

自分から恋愛チャンスを遠ざけないよう注意!

男性は、女性に対して明確な“理想像”を持っています。

その内容に個人差はあれと、どんな男性も一緒にいて楽しい女性と付き合いたいと考えているもの。

同性・異性関係なく、相手が“この人と一緒にいると楽しい”と思ってもらえるような人間になることを意識すれば、おのずと恋愛チャンスも巡ってくるかもしれません。

(愛カツ編集部)