彼女に手作り料理をつくってもらいたいと言っている彼がいるかと思いきや、家事は一切やってほしくありませんと言っている彼もいたりして。

男子の本命の彼女に対するリクエストは、なかなかバラエティに富んでいます。

さて、ここでは、個別性を追求した例示を挙げるのではなく、彼氏の、つまり男心の総意総論のようなものを3つご紹介したいと思います。

これができれば彼が虜に♡男子が実は本命彼女にしてほしいこと3つ

甘えたい

本命の彼女に対して、彼は甘えたいと思っているでしょう。

たとえば、ネットには、本命の彼女に対してお願いしたいこととして、膝枕とか、マッサージなどと書かれていますが、要するに甘えたいというか、甘えることを許してほしい、甘えたときにドン引きしないでね、というようなことですよね。

男が女子に甘えるのは、女子が思っている以上に勇気のいることでしょう。

下手に甘えてしまえば「わたしが彼に頼ろうと思ったのに……彼がわたしに甘えてくるって、どういうこと?わたし、この彼とさっさと別れて、頼り甲斐のある彼を探そうかな」と彼女に思われかねない。

こんな心配をしている男性も多く、なかなか素直に甘えることができていないのだとか。

彼があまり甘えてこないようなタイプでも、「実は甘えたい」なんて思っているかもしれませんね。

信用してほしい

「友達と飲みに行く」と、彼が本命の彼女に言ったとき「女?」「浮気?」とかと心配し、それをそのまま言葉にするのはやめてもらいたいのだとか。

多少のことは「存在して当然」と思って、俺がやることを信用してほしい……そしたら、本当に浮気なんかしないからさ、というのが男心でしょう。

人って不思議なもので「あなたは浮気しない」と彼女が彼のことを信用し続けていたら、本当に浮気しないなんていうことも言われています。

そんなのは建前だと思う女子もいるとは思うのですが、彼のことを信用してあげていたら、実際に彼が浮気する確率はかなり下がるでしょう。

また、縛られすぎると逃げたくなるという声も。

ドーンと構えて、逆に彼がいつまでも「追いたくなるような女子」を目指すのがオススメです。

スキンシップをたくさんとりたい

本命の彼女、つまり本当にで好きな女子に対して、男子は「スキンシップをたくさんとりたい」と思っているでしょう。

でも、付き合ったばかりの頃にイチャイチャを求めすぎると彼女に「身体目的なの?」と思われないか……なんてことを考えてしまい、遠慮してしまう男子も多いのだとか。

あなたの方から彼にボディタッチをしてみたり、彼があなたにスキンシップを求めてきたときには優しくスキンシップをとってあげたりしてくださいね。

もちろん、彼のペースに全て合わせる必要はありません。

2人のスキンシップのペースを作っていってくださいね。

彼をもっとあなたの虜にして

彼氏だけではなく、気になる彼の場合でも甘えさせると、恋は成就する確率が上がるはず。

また、彼氏を信用してあげて温かく包み込んであげていれば……もっともっとあなたの虜になるはずですよ。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)