女性と同じく、男性も「あ、この子と結婚したい!」と思う瞬間があるのだとか。

気になるカレや、付き合っているカレと結婚したいと考えている人は、男性の“結婚を意識するシチュエーション”を知っておくことが大切です。

世の男性たちは、どのようなシチュエーションのときに結婚を意識するのでしょうか。

男性たちの意見を聞いてみました。

一緒に子連れファミリーを見たとき

「彼女と、ピクニックデートをしたときのこと。大きな公園でレジャーシートを敷いて2人で座り、彼女が作ってきてくれたお弁当を食べていたんです。

僕たちのまわりでは、公園へ遊びにきた子どもたちがはしゃいでいて、ふと2人の将来を思い浮かべました」(27歳/IT)

彼に結婚を意識させたいときは、手作りのお弁当を持ってピクニックデートをするのがおすすめです。

外で食べる食事は普段よりも美味しく感じるでしょうし、彼女の手作り弁当なら「結婚したらこんな感じでごはんを作ってくれるんだろうな」と彼の想像を掻き立てるかも。

また、そんなピクニックデートの場所が2人の将来をイメージさせるような子連れファミリーがいる場所ならさらに良いでしょう!

ピクニックデートで、彼に結婚を意識させちゃってくださいね。

旅先で彼女が整理整頓をしてくれたとき

「彼女と温泉旅行へ行ったときのこと。朝彼女と同じタイミングで起きたのですが、僕が顔を洗って戻ってくると部屋の中がきれいな状態に。

布団をきちんと畳んで整理整頓している姿を見て、結婚したあとの日常をリアルにイメージしちゃいました」(29歳/広告)

旅行中は、普段のデートでは見られないようなポイントを、アピールできるチャンスです。

カレと旅行へ行くと、お互いに普段とは違う様子を見ることができます。

カレや気になる男性と旅行へ行く機会があれば、積極的に家庭的なポイントを、アピールしていきましょう。

既婚者の友人の家へ一緒に遊びに行ったとき

既婚者の友人の家へ一緒に遊びに行ったとき

既婚者の友人宅へ遊びに行くことも、男性に結婚を意識させるシチュエーションになるようです。

「学生時代から付き合いのある友だち同士が結婚して、仲のいいメンバーで遊びに行ったときのこと。夫婦となった2人がさりげなく片づけなどを分担している姿を見て、“結婚ってこういうものなのか”とリアルに意識することができました。

一緒に行ったのが彼女だったこともあって、僕もそろそろ結婚を視野に入れた方がいいのかなと思いました」(26歳/会計士)

仲の良い友だちが結婚すると、リアルに結婚を意識することができるようになる男性も少なくありません。

グループ内で結婚をしたカップルがいれば、彼を一緒に誘ってお家へお邪魔してみるのもひとつの方法です。

日常のささいな出来事が彼を動かす

男性が結婚を意識するのは、特別な状況だけではありません。

日常の中にあるささいなポイントで、ふと“結婚”の2文字を意識してしまう人も多いもの。

お付き合いをしている彼や気になる男性に結婚を意識してもらいたいときこそ、普段の日常を大切にしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)