同じ“彼氏”でも「元彼と比べて今の彼氏の方が好き」と感じる、好きの大きさの違いを実感したことがある女性は多いでしょう。

男性もどうやら同じなようで、本命女子と遊びの女子で違いをつけているといいます。男性に慕われるのなら「できれば本当に愛されたい」と願いたいですよね。

そこで今回は、男性が本命女子についやってしまうことを4つ紹介します。

本命女子に男性が率先してすること4選

約束の場所に早くいる

「好きな女性とデートをするときは、何分も前から着くようにしています。トイレや思わぬアクシデントで遅刻しないように、なるべく早めに出ますが男友達と遊ぶときは遅刻の常習犯です。5分くらいの遅刻をその女性が許してくれないとは思ってないけれど、イメージが下がりそうで早めの行動を心がけています」(Aさん・29歳男性/経営者)

好きな人とのデートを心待ちにしているのは男性も同じ。

約束の場所に早く着いているあの男性、実は日頃はそんなにしっかり者ではないのかもしれませんね。

たまには彼を逆びっくりさせるために、あなた彼より早めに到着して「楽しみだから早くきちゃった」と言ってみたら、彼はドキドキしっぱなしでしょう。

会話の盛り上げに注力

「好きな子がそばにいると、つい大きな声で話しちゃいますし、場を盛り上げようと頑張って“三枚目”みたいな立ち位置になっちゃいますね。それで僕より顔がかっこいいやつと親しげに話していると一人で勝手に落ち込んで、テンションの乱高下が激しいです(笑)」(Uさん・31歳男性/会社員)

好きな子には、どんな褒め言葉でも嬉しいのが男心なのです。

たとえ、その言葉が「面白い」であっても、好感をもたれていると思えば痛くも痒くもないのです。好きな子に褒められたり、よく思われようと一回褒められたことはよく覚えているのも特徴です。

注意や進言を聞き入れる

注意や進言を聞き入れる

「それまで絶対にタバコはやめられなかったのですが、好きな女性が『タバコをやめてくれたら付き合ってあげる』と条件入りで交際を受けてくれたんです。それからの僕は一切のタバコをやめて、無事に彼女と交際に至りました。今まで親や友達に言われたこともあったけど、恋の力はすごいです」(Wさん・32歳男性/福祉関係)

大人になってから他人に何かを進言されるのは、気持ちいいものではないですよね。それは自分を否定されているように感じるからです。

しかし好きな子にはもともと自分から歩み寄っているので、指摘されれば「何がなんでも直す!」と思うのも本音。

「飲み過ぎだよ!」「いつも遅刻してる」など、あなたがいった些細な注意を覚えているようであれば、あなたに気に入られようと直す努力をしているのかもしれません。

基本女性に「NO」を言わない

「好きな女性の頼みごとには、基本的に『ノー』は言わないですね。メルヘンな内装のカフェとか男が入りにくい場所でも、好きな子がリクエストしてくれた場所なので“どんなところなんだろう”と、そっちに興味が湧きます。ある種の崇拝に近いもので、好きな女性のいうとおりにしている自分に“惚れたもん負けだよね”とよく思います」(Mさん・36歳男性/SE)

好きな女性のためなら「なんでもやってあげたい」とヒーロー気質な男性も多いものです。

基本的にあなたの頼みごとを快く引き受けてくれるのであれば、それはあなたのことを好きだからかもしれません。

どんな女性の願いでさえ「愛しい!」と頑張る男性の心にウットリしちゃいますね♡

本命女子には特別扱いが半端じゃない!

本命女子だからこそ、男性はとても大切のする傾向があります。

むしろ、男性だからこそ「俺のことどう思ってる?」と恥ずかしくて聞けない本音もあります。

「これだけやっているのだから、彼女は俺に好感を持つはず」と惜しみなく愛をくれるのは、女性から愛されたい願望もあるのかもしれませんね。

そんな彼の深層心理を見抜き、「この男性好きかも……♡」と思ったら、タイミングを見て愛情を返してあげるといいですね!

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)