好きな人と友達以上の関係になれない、いつも辛い恋愛ばかりしているというあなた。

もしかしたらキープ女子になる雰囲気が漂っているのかも……。やはり恋する乙女としては、男性にとって自分がキープなのか本命なのか気になるところですよね。

そこで今回は、男子がキープ女子にする行動の見抜き方についてご紹介します。

ココを見れば分かる!男子がキープ女子にする行動の見抜き方

友達に紹介してくれない

ちゃんとした女性じゃないと、友達に紹介したくないと考える男性は少なくありません。

好きな人に「友達に会わせてよ」と聞いた時、異常に避けられたり流されたりしたら疑った方がいいかも……。

ですが男性女性問わず、単純にプライベートを見せたくない人もいますよね。そういう人の場合は違いますので見極めが大切かもしれません。

多くの男性は一歩下がって自分を立ててくれる女性を求めています。あなたとの間に信頼や尊敬が築けず、一緒にいて気が休まらないと感じている可能性も……。

話をあまり覚えていない

キープ女子とは、少しキツい言い方をするといてもいなくてもいい存在。

なので話を覚えていないこともあると言う男性も中にはいます。

キープというのは他に何人も女性がいるということなので、話したことがない内容でもすでに話したつもりで伝えてしまうこともあるのだとか。

相手の男性があなたと前に話したことを全然覚えていなかったり、記憶が曖昧だったりすると危険なサインかも……。

「本当に好きな女の子との会話は忘れない」というのが男性の本心でしょう。

受け身な態度を取る

受け身な態度というと消極的な男性をイメージしがちですが、実はモテる男性でも受け身で断れない人はいるんです。

「とりあえず今は誰とも付き合ってないから」くらいのノリなのかもしれません。

断れないから相手の女性に気を持たせてしまって、結果的にキープになってしまったという男性もいます。

なので、連絡するのはいつも自分からという場合は注意した方がいいでしょう。

特にキープしている女性に対しては「俺から行動を起こさなくても連絡が来るから大丈夫」と思われているケースがあります。

「妹みたい」と言ってくる

これを言われた年下女性は多いのではないでしょうか?

ちょっと好きな人や憧れてる先輩に「お前、妹みたいで可愛いわ」と言われるとドキッとしてしまいますよね。

ここで言う可愛いは小動物的な可愛さのことであって、女性としての可愛さとはちょっと違うのだとか。

付き合う気はないけど愛嬌がある女の子に対して使う男性は多いそうですよ。

大切にしたいとは思ってるけど、彼女という対象では見られていないと判断した方が良さそう……。

引きそうな話をしてくる

女性が嫌がりそうな話をしてくるのは、キープにされている証拠です。

例えばギャンブルで負けた話や夜のお店の話、借金をしている話など。

「こんな深い話をしてくれるまで信用してもらってるんだ」と思う女性も多いですし、実際に信用されています。

ですが多くの男性は気になる女性に対して、付き合う前にネガティブな情報は出しません。

女友達として仲良くしたいと思われているのかもしれません。

あなたが嫌そうな顔をしても話を続けるようであれば、キープ女子の可能性が高いと言えます。

おわりに

今回の記事を参考に、気になる男性からキープとして見られているかどうかの判断ができましたか?

本命じゃないという確信が持てたならそれはそれで良し。

積極的に次の恋愛を探すのがいいかもしれません。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)