好きな人とLINEができるくらいまで距離を縮めたものの、どんな内容を送ればもっと仲良くなれるんだろう……。

こんな悩みを抱えたことはありませんか?

LINEでのやり取りは、顔が見えないだけに失敗したくない!としり込みしちゃいますよね。

今回は好きな人との距離が縮まるLINEテクを紹介します。

好きな人との距離がグンと縮まるLINEテク3つ

敬語とタメ口を混ぜる

「関係が深まってない女子からの敬語LINEが崩れた瞬間は、仲良くなれた感じがする。会話が盛り上がったタイミングで思わずタメ語混じりになっていたりすると、親しみが湧く」(23歳/銀行員)

タメ口をきくほど親しくなれていない関係ならば、敬語で丁寧なやり取りをするのがベターですが、会話が盛り上がって楽しい雰囲気になった瞬間に、不意にタメ口を混ぜ込むのが効果的!

急にタメ口全開になるのではなく、あくまでもちょっとだけタメ口、というバランスだとかわいらしい印象を持ってもらえそうです。

報告はNG、相談はOK

「要件のないLINEが苦手なので、『今日○○行ったんだ~』みたいな日常報告LINEは正直反応に困る。逆に『次は○○行きたいんだけど、いい店知ってる?』とか具体的な相談があれば返しやすい」(30歳/販売員)

用のないダラダラLINEが苦手な男性も少なくありません。

自分のことを知って欲しいからと言って一方的に報告ばかりするのは逆効果なんです。

それよりも、質問形式でちょっとした相談のような内容で送るほうが彼にとって応えやすいやり取りになりますよ。

短文で相手にテンポを合わせる

「長文のLINEが来ると引いちゃうから、長くても2~3行のほうが読みやすい。あとはやりとりのテンポが合う子だと会話が心地良く感じるし、息が合うなぁって好感度アップします」(28歳/飲食店勤務)

想いを込めて長文をしたためると「重い!」とびっくりされてしまう可能性があります。

LINEは気軽なキャッチボールのようなイメージで、ポンポンと短文でやり取りすることに適したツール。

一文はできるだけ簡潔に、彼の返信速度を見てテンポを合わせることで波長が合うと思ってもらえるかもしれません。

LINEは返しやすさを考えて送ることがコツ!

彼とLINEで距離を縮めたい場合、反応の良さそうな話題をリサーチすることももちろん大切。

しかし、そもそも「テンポが合わないな…」と思われてしまっては続くLINEも続かなくなりますよね。

まずは彼と会話の波長を合わせることを心掛けて、返しやすさ重視のメッセージを送ることが親しくなるための一歩になるのではないでしょうか。

(愛カツ編集部)