こんにちは、トイアンナです。

デートでの振る舞いも、LINEのやり取りも、上手・下手は踏んだ場数で決まりがちなので、「最愛の彼女」になるのは、意外と簡単。

でも、結婚前提の「最愛の彼女」で「いつづける」のは難しいもの。

彼の望みを常にすべて叶えられるわけではないし、そんな人形になりたいわけでもない。

思いをうまく言えずにケンカしちゃうこともあれば、彼の心変わりだってあります。

そこで、これまでの人生相談をもとに、「結婚前提の最愛の彼女」でいつづける女性の特徴を3つまとめました。

大好きな彼に「結婚前提の最愛の彼女」として愛され続けるコツ3つ

1.彼の弱みを受け入れられる

あなたは、彼の弱い面を見たことがあるでしょうか。

男性にとって、素直に弱みを見せられる相手は数少ないもの。

彼があなたに対して、弱い部分を見せてくれるのなら、あなたのことを「本命」として信頼しているということでしょう。

いっぽうで、何年付き合っても弱みを見せられないままでは、結婚生活もきびしいかもしれません。

育児や介護、相続の問題もありますし、弱みを含めた「本音」で話せることがポイントになります。

彼が落ち込んでいるときにそっと寄り添い、弱みを受け入れてあげる存在になりましょう。

2.彼の年齢をみきわめて結婚を意識させられる

現実的な話、彼が「俺、もう結婚するには遅いかも」と焦っているときに付き合うと、あなたは自然と彼の「本命」になりがちです。

逆に、若いときに付き合った場合は、「結婚」がなかなか意識されにくい傾向があります。

25歳から付き合って35歳になっても、彼のメンタルは25歳のまま。

「もっといい子がいるんじゃないか」と思われてしまっては、元も子もありません。

ここで大事なのは、彼に結婚を意識させるきっかけを持つことです。

たとえば、若いときから付き合っているのなら、彼の年齢が落ち着いてきたころに「ちょっと距離を置こう」と関係をリセットさせるのも手です。

浮気しているのでもないかぎり、彼はあなたの「代わりがいない」ことに気が付くはず。

3.彼に圧倒的なメリットを感じさせられる

「どうしても、顔がかわいかった」

「資産を持った女性だった」

これらは、さんざん遊び歩いた男性陣が、結婚したときに本命相手について語ったときのセリフです。

あまりにどぎつい本音ですが、やはりこういった「付き合うメリット」を持つ女性は、本命に選ばれます。

10年付き合った彼女よりも、めちゃくちゃ好みの顔をした「ぽっと出の女性」が本命になることは(残念ですが)よくあります。

これだけ付き合ったんだから……という期待や安心感はちょっぴり危険です。

彼に対して、「付き合うメリット」を感じさせる女性になりましょう。

彼の「最愛の女性」でありつづけよう

さあ、あなたは最後まで本命に選ばれそうでしょうか?

彼の「最愛の女性」でいつづけるために、つねに愛される努力をして、自分磨きにはげみましょう!

(トイアンナ/ライター)

(愛カツ編集部)