恋愛感情とは、無意識的に湧き上がってくるものですが、工夫次第では成就率をアップさせることができます。

自然な成り行きに任せるよりも、実際に恋に落ちた時の男性心理を知っておいた方が、恋愛のチャンスを逃すことは少なくなるはず。

今回は、男性が無意識に惹かれる瞬間を4つ紹介します。どんなことがきっかけになるのか、男性目線でチェックしてみましょう。

なぜか気になる…男性が「無意識に惹かれる瞬間」4選

会う回数が多い

「同じサークルにいる女の子のことがだんだん気になってきて、意識したころには完全におちていました」(20代/営業)

人には、何度も会っている相手に親近感を抱く心理があります。これは「単純接触効果」といわれます。

「単純接触効果」を狙うとき、無理に気を引く必要はありません。

見かけたときに笑顔で挨拶したり、ちょっと世間話をする程度でOK。何度も相手の存在を認識するうちに、次第に恋愛感情に繋がっていきます。

彼と会う回数を増やすために、「同じ部活動に入る」「彼のいる集まりに参加する」などの工夫をするのもおすすめ。

接点が増えると自然と会話のきっかけも生まれます。

彼好みのルックス

「黒髪ロングの女性を見ると、無条件に『色っぽいな』と感じます」(20代/公務員)

誰しも「好み」があるもの。万人ウケするかどうか以上に、彼のタイプに近いかどうかが重要です。

ここでいう「ルックス」とは、生まれつきの容姿に限りません。

好みのメイク・髪型・ファッションを取り入れるだけでも、男性が受ける印象は各段に変わります。

男性に直接好みを聞ければ楽ですが、自然に聞き出すにはちょっとハードルが高いですよね。

そんなときは彼の身だしなみをチェックするのもポイント。

服・髪型などを見ると、男性の好きな系統や気にしている部分がある程度想像できます。

共通点が驚くほど多い

「偶然共通の友達がいると分かって意気投合。共通点を知ったときのインパクトで、そのまま自然と惹かれ合ったんです」(30代/不動産)

「出身校が同じ」「共通の知り合いがいる」「学生時代の部活動が同じ」など、シンクロすればするほど運命のように思えて気持ちが高揚します。

また、共通点が多いと自然と会話が盛り上がるきっかけが生まれ、がんばって話題を考えなくてもスムーズにコミュニケーションが取れるでしょう。

「趣味」「好きな映画・音楽」「好物」などのちょっとした共通点が多い場合も、恋愛に繋がりやすくなります。

相手や自分の好みを知るには、積極的に質問して価値観を引き出すことが大切。

実は思いもよらない共通点が隠れてた、なんてこともあるかもしれませんよ。

デートする未来を想像できた

「彼女と話していると素の自分が出せるから、無意識にデートシーンを想像しちゃいました。そしたら本当にデートに誘いたくなってきました」(20代/IT)

会話中の印象が良いと、「もっと一緒にいたい」と先の展開を想像することがあります。

気になる人と話すときは笑顔や肯定的な言葉で癒やして、いい雰囲気になるよう意識しましょう。

また、「あの映画気になってるんです」「新しくできたお店が気になる!」などの話題を振るのもアリ。

一緒に楽しんでいる様子を想像しやすくなり、デートに誘うハードルも下がります。

工夫次第できっかけは作れる!

彼との接点を増やしたり、好みのルックスに近づけたり、デートに誘いやすい流れを作ったり……。工夫次第で男性が恋に落ちるきっかけを作ることは可能です。

そして、恋愛の機会に恵まれている女性は、こうした男性目線の心理に合わせてアプローチを重ねています。

ただ男性が引き寄せられているのではなく、自分からもさりげなく行動しているのです。

ぜひ今回ご紹介した方法を取り入れてみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)