簡単に目力をくれるカラコン。

つけるだけで安心感があるけれど、目が疲れて充血したり、すっぴんとのギャップに自分でガッカリすることも。

男性はナチュラル好きなのでカラコンバレすると引かれてしまうこともありますよね。

でも、どうやってカラコンを卒業したらいいのか分からない……そんなあなたのために、裸眼メイクの楽しみ方をまとめました。

カラコン卒業!裸眼メイクで憧れのオシャレ顔に♡

透明感を大切にして

裸眼特有の小さな黒目を、「ただのキツい印象の目」にするか「ミステリアスなまなざし」に見せるのかの違いは「透明感」にあります。

カラコンは目が大きくなるし、色味もコントロールできますが、どんなに自然なタイプでも裸眼のみずみずしさを表現できるものはないでしょう。

光が当たったときの黒目の透け感や、キレイに澄んだ白目を大切にしましょう。

目を閉じた上から蒸しタオルであたためたり、目薬を活用すると充血とは無縁の子どものような澄んだ瞳に近付けますよ。

辛口なハーフ顔を目指して

女子の憧れ、ハーフ顔。

ハーフ特有のカッコいい辛口感のある瞳は、グレー、ブルー、ヘーゼルなどのカラコンで作るものと思いがちですが実は裸眼でもハーフ顔は作れます。

実は、裸眼のサイズ感はハーフ顔と相性がいいんです。

ハーフ感のキモは、下まぶたにあります。

下まぶたにも陰影をつけたり、下まぶたにマスカラをしっかり塗ることでハーフのような憂いを出せます。

ボルドーのカラーライナーを下まぶたに引き、指でぼかすのも色素と皮膚が薄い人に見えて効果的でしょう。

これを活かすのは、裸眼サイズの黒目とあっさりメイクの上まぶた。

単色のシャドーをさっとのばし、マスカラで引き締めるくらいでOKです。

陰影が欲しいからといってグラデを作ってしまうと少し古めのメイクになってしまうので気をつけましょう。

眉を太目に描いて目との間隔を狭めれば、裸眼が活きたきりっと辛口のハーフ顔に。

求心顔を意識して

求心顔を意識して

カラコンは整形並みのインパクトを与えてくれるので、急にやめると顔が薄すぎて自分的に心配になってしまうことも。

そんなときにこっそり盛れるポイントがあります。

ひとつはアイライン。

顔を求心的に見せたい時は黒目から目頭にかけてのインラインをキッチリ塗ります。

濃く見えないのにキュッと大人っぽい顔立ちに。

目を大きく見せたい時は、黒目の真上ではなくちょっと外側を少し太くします。自然にパッチリした目になれます。

もうひとつは眉。

眉マスカラで淡く色付けて目を強調していた人は、透明マスカラ&リキッドアイブローで毛流れを強調した感じに仕上げてピュアで凛々しい表情を狙いましょう。

自然に黒目が際立ちます。

クールでオシャレな顔立ちを目指して

裸眼メイクは、小松菜奈さんや中条あやみさんなど、クールな裸眼が美しいオシャレ顔の人たちが参考になります。

裸眼メイクをマスターすれば、「カラコンなしでも私は可愛い!」……そんな自信がつくはずですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)