彼のほうから好きだと告白してきたのに、実際にお付き合いが始まってみると、なんだか彼の態度が冷たい。

本当に彼は私のこと好きなのかな……?と、不安になってしまうこともありますよね。

そこで今回は、「好きなのに彼女に冷たくする男性心理」を3つご紹介します。

ちょっぴり複雑な男心を理解して、ムダな不安にサヨナラしましょう!

本当は好きだけど…彼女に冷たくしてしまう男性心理3つ

1.冷やかされたくない

周りに冷やかされるのがイヤで、あなたへの態度が冷たくなっている……ということも考えられます。

冷やかされると、恥ずかしさでいっぱいになってしまい、どう対処したらいいのかもわからなくなってしまうのです。

そんなタイプの男性は、彼女ができたとしても、「友人には知られたくない」と感じるもの。

そのため、学校や職場などでは、あなたへの気持ちを隠そうとして、つい冷たくなってしまうのです。

デレデレしている姿を知り合いに見られくないのでしょう。

ですが、こういうタイプの男性は、二人きりになるとコロッと態度が変わることも多いもの。

あなただけには、デレデレした甘い一面を見せてくれます。

女性側からすると、態度の変化にとまどってしまいますが、むしろそのギャップを楽しむぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれませんね。

2人だけの時間をなるべくたくさん持つようにして、彼のホンネに触れてみて。

2.暴走して引かれたくない

男性の中には、あなたのことが好きすぎて、引かれてしまわないように、わざと距離を保っている人もいるでしょう。

彼の片思いから始まった交際なら、彼はあなたの何倍もの時間、あなたとのことを考えているはず。

彼の妄想の中では、もうすでに何年も付き合っていることになっているかもしれません。

ですが、現実はそうではありません。

彼も、「自分の気持ちのままに突っ走ってしまうとマズイ!」とわかっているからこそ、あなたに引かれないように慎重に、自分にブレーキをかけているのではないでしょうか。

そんなときは、お互いの距離が自然に縮まっていくのを待ちましょう。

ゆっくりじっくり、二人の関係を築いていきたいという彼のやさしさを受け止めて。

3.緊張してしまう、照れてしまう

緊張してしまう、照れてしまう

男性の中にはシャイな人が多いもの。

あなたに告白したときは、勇気を奮って「好き」といったものの、実際のところは恥ずかしくてたまらなかったはず。

顔から火が出そうな勢いだったのではないでしょうか。

だからこそ、あなたに会うと、あのときの恥ずかしさがよみがえってなんとも居心地が悪い……ということなのかもしれません。

大好きなあなたの顔を見たら、緊張と照れが勝ってしまい、気の利いた会話もなかなかできない……彼も、そんな自分をもどかしく感じていることでしょう。

逆の見方をすれば、そんな彼が告白までしたということは、あなたのことをそれだけ本気で好きだということです。

そのうち、彼の緊張もほぐれて、自然な会話を楽しめるようになるはず。

慣れるまで、しばらくそっとしておいてあげましょう。

LINEのやり取りを増やすことで、自然なコミュニケーションに慣れていくのもいいかもしれませんね。

もしかしたらLINEのほうが、彼は素直なホンネを出しやすいかも。

男性心理を知って気長に待とう

本当は彼女のことが好きでたまらないのに、冷たい態度しか取れない……という男性は多いものです。

そんな複雑な男性心理を知っておくことで、ムダに傷つくこともなくなるはず。

彼のホンネを知って、気長に待つのも大切なことです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)