デート中、男性はどんな言動に引いてしまうのでしょうか?

実際に男性たちから話を聞くと、「さすがにそれはないでしょ!」という意外な言動も……。

デート中のどんな言動が、男性を引かせてしまうのか、念のためチェックしてみてくださいね!

この子はナシ!男性が引いてしまったデート中のNG言動

好きな男性有名人について語る

「デート中に好きな俳優の話ばかりされるのはちょっと……。本気で恋愛感情をもっているわけではないとはわかっています。でも、デート中に他の男の話を熱弁されたら、引いてしまいます」(30歳・男性・公務員)

頭ではわかっていても、なかなか納得できないことってありますよね。

男性が、「デート中は自分だけに好意を向けてほしい」と感じてしまうのは当然のこと。

好きなアイドルグループ、俳優・声優、二次元の推しキャラなどを話題にするときは、熱く語りすぎないほうがいいかもしれません。

身体的特徴を褒める

「『肌がきれいで、腕とか指も細くてうらやましいな~』と言われたとき、男らしくないと思われている気がして、ちょっと傷つきました」(28歳・男性・飲食店勤務)

「『意外と小さな声で話すんですね。もっと元気のいい人かと思っていました』と言われてしまい、ネガティブな印象なのかなと……」(24歳・男性・プログラマー)

自分は褒めているつもりでも、相手の捉え方によっては、傷ついてしまうことも。

顔、性格、雰囲気、身体的特徴についての感想は、極力控えたほうがいいでしょう。

相手をよく知ったうえで褒めるほうが信憑性もありますしね。

彼の持っている資格や仕事、趣味、好きなものといった、彼自身が積極的・好意的に取り組んでいることから、褒めポイントを見つけるのがおすすめです!

イライラしていることを隠さない

「人身事故で電車が遅れて、待ち合わせ場所に1時間遅刻してきた彼女。イライラしているだろうなと思ったら、案の定不機嫌そうでした。デート中イライラしている彼女を見ていると、さすがに次はないなと思いました」(31歳・男性・薬剤師)

ちょっとしたトラブルや、やむを得ない事情などでイライラしてしまうこと、ありますよね。

でも、それを露骨に表情や態度に出してしまうのはマズいかも……。

相手の男性が、気の利いたフォローを期待してしまうところですが、自分の機嫌を自分でとる努力も必要です。

「こんなに機嫌が悪いのか……。」と思われたら、お付き合いの延長上にある結婚も台無しです。

デート中の自分を客観視してみて!

NG言動は、自分中心にものごとを考えてしまったときに出てしまうもの。

彼から見て、自分の言動がどう捉えられているか、ある程度意識しておいたほうがいいかもしれませんね。

個性を発揮するのは、お互いのことをよく知ってからでも遅くはないでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)