恋をしているなら、当然「両想い」になることを願いますよね。

でも、女性側の言動によっては、両想いになれるチャンスを遠ざけてしまうことも……。

そこで今回は、女性のある言動に引いたという男性に、詳しいお話を聞いてみました。

男性が引いてる……両想いを遠ざける?女性の残念な言動と対処法

感謝の言葉より「ゴメン」が多い

「優しくて気遣いもできるいい子だったんです。でも、こちらがなにかしてあげようとすると、『悪いからいいよ』『わざわざ○○させちゃってゴメン』というセリフが多くて、お付き合いしたいとは思えませんでしたね」(28歳・男性・会社員)

男性は、好意を持っている女性にはなにかしてあげたくなるものです。

好意は嬉しいと思いつつも、謙虚な女性なら、「○○してもらうのは悪い」と思ってしまうかもしれません。

でも、男性はあなたに好意を持っているからこそ、なにかをしてあげたいのです。

きっと、遠慮をされるよりも「ありがとう!」の笑顔を期待しているはずですよ。

LINEのトーク画面が自分ばかり

「LINEがくるのは嬉しいですよ!でも、こちらが返事をする隙もないくらい、どんどん送ってこられると……。付き合ったら重そうだな……、と感じてしまいます」(24歳・男性・アパレルメーカー勤務)

好きになればなるほど、伝えたいことがたくさん出てくるかもしれません。

でも、その勢いのあまり、自分の吹き出しが8割、9割のトーク画面になっていないでしょうか?

LINEに限らず、勢いでコトを進める恋愛は、冷めやすいですし、相手に要求しすぎて、束縛してしまう可能性も……。

LINEのトーク画面をチェックして、いい交際ができているかどうかの目安にするといいかもしれませんね。

「似合わないから」と却下ばかり

「デートでお店にいったときに似合いそうな服を提案してみたんですが、『似合わないから』といって即却下されました。プレゼントしたアクセサリーも着けてもらえず、ずっと地味な服装のまま……。残念ながら、幸せな交際をイメージできませんでしたね」(32歳・男性・自営業)

男性の期待に応える自信がなくて、いまの自分を変えられず、失敗してしまったパターンですね。

たしかに、可愛くなる・変わる、ということには勇気が必要かもしれません。

もし、彼がアクセサリーをプレゼントしてくれたなら、まずは勇気を出して付けてみることからスタートしてみてください。

その一歩が幸せにつながるはずですよ!

デートが終わった後に希望を言う

「楽しいデートだと思っていたんですが、帰宅後に『実は私○○苦手なの~。今度はナシでお願い!』というLINEが来て、テンションがものすごく下がりました。付き合ったら、後から文句言われそうで怖いですよね」(29歳・男性・会社員)

もし苦手なものがあるなら、デート後ではなく、デート前に「○○苦手だか変更してもいい?ごめんね!」とポジティブに伝えるのがおすすめです。

ちょっと勇気が必要かもしれませんが、そのほうが確実に好感度はアップするでしょう!

ポジティブが両想いにつながる!

決して悪い言動をしたつもりはなくても、タイミングや加減を間違えると、両想いを遠ざけてしまうことも……。

いつ、どのように伝えるか、応えるか。

相手の男性が嬉しくなる、ポジティブな言動を磨いておけば、両想いのチャンスがやって来るはずですよ!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)