軽く好きバレしたい、好意を匂わせたい……。

恋愛成就を叶えたいと思うものの、好意をチラ見せすることが苦手という人は少なくないと思います。

でも、「脈ナシだけど頑張る!」という男性は、思う以上に少ないものです。

そこで今回は、恋愛成就に効果的な軽い好きバレの方法をご紹介いたします。

俺のこと好き?軽い好きバレで恋愛を成就させる方法

彼のまねっこをする

「『〇〇くんが使ってるの見てまねしちゃった!』と可愛く言われたときはドキッとしました。女性にまねされるって嬉しいものですね」(28歳・メーカー勤務)

「まねをする=好意や憧れの気持ちがある」ということ。

女性からまねされることに「センスを褒められているようで嬉しい」と感じる男性が多いようです。

好意を感じる行動がきっかけで、恋愛対象として意識し始めることも少なくありません。

ただ、なんでもかんでもまねするのは引かれてしまう恐れあり。1個や2個程度がベターです。

やたらと気にかける

「『体調大丈夫?』とか『〇〇くんはどうするの?』とか、やたら気にかけてくれると、好きなのかな?と期待してしまいます。それに自分を気にかけてもらえると、それだけでいい子に見えてきますね」(24歳・IT関連)

気にかけてもらえるのは男女関係なく嬉しいもの。

関心を持ち、気遣ってくれる姿に好意が芽生えることも少なくありません。

ただ、彼の性格によっては、気にかけられることが干渉に思えてうっとうしいと思われてしまう可能性も……。

彼の性格を考えて、気にかける言葉の内容や頻度を調節してくださいね。

「好き」を織り交ぜた褒め言葉

上手な好きバレテクは?

「直接『好き』と言われたわけじゃないけど、『性格が好き』『そういうところ好き』と言われると、勘違いしてしまいそうです。褒められただけと思っても、つい意識しちゃいますね」(29歳・公務員)

褒められるだけでも嬉しいのに、「好き」というワードを使われると、告白されているような気持ちになるという男性の声が多く見られました。

なかなか好意を口に出せない人でも、彼の性格や行動を褒めるための「好き」なら言いやすいはず。

「好き」を織り交ぜた褒め言葉で、男心を刺激してみてはいかがでしょうか。

些細なことなのに大喜び

「ちょっとしたお土産をあげただけなのにすごく喜んでくれて。それから彼女のことを恋愛対象として意識するようになりました」(25歳・営業)

些細なことで大喜びする姿も、軽い好きバレ行動のひとつ。

自分がしたことを相手が喜んでくれるのは、誰にとっても嬉しいことです。

そして、「リアクションは大きめ」が好意を育てるコツ。

感謝や喜ぶ反応が続くことで、彼も自信が持てるようになり、恋愛成就につながりやすくなるでしょう。

好意を匂わせて両想いに!

好意を感じさせる言動は、彼のなかであなたの存在が大きくなるきっかけになるはず。

軽い好きバレのワザをうまく活用して、両想いの確率を高めていってくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)