好きな男性とデートすることになった場合、嬉しさの反面、「言動で失敗はしたくない」という緊張も高まりますよね。

また、過去にデート後に男性が冷たくなった経験がある場合、「何がいけなかったんだろう。同じ失敗を繰り返したくない」と気になっている人もいるでしょう。

そこで今回は、男性が実際に「デートで引いてしまった女性の言動」について聞いてみました。

ぜひ事前に読んで、大切なデートに備えておきましょう!

「次はないな…」ムードぶち壊し!男性が引くデートでのNG言動

ミスをいつまでも責める

「店の予約をしたはずができていなくて、入れなかったんです。確かにガッカリさせてしまったけど、謝ってるのにその日ずっと責められて、嫌になってしまいました」(美容師/29歳)

お店の予約ができていなかったなど、ネットが不安定だったり様々な事情であり得ることです。

これに限らず、誰しも何かしらミスすることはあるでしょう。

たとえ相手のミスでアクシデントがあっても、気持ちを切り替えることで、その後のデートを楽しむことができるはずです。

それを励ましたり他の方法を探すどころか、謝っているのにずっと責め続けられたら、その日のデートは確実に台無しですよね。

これではこの先ずっと、一事が万事だと予想され、「もう次はないな」と思われても無理はないでしょう。

目の前でメイク直し

「古いかもしれないけど、メイクは見えないところでやって欲しい。付き合って少し経つとエチケットを気にしなくなる女性には、ムードを感じません」(IT/32歳)

もう付き合って結構経つし……。と油断して、男性の前でメイク直しをしてしまう女性もいるようです。

メイク直しを見てしまうこと自体がムードがなくて嫌だということもありますが、実は女性がだんだんと遠慮や気遣いがなくなっていくことに嫌悪感を抱いている男性も。

もちろん、全てにおいて気を抜いてはいけないということはないのですが、やはりムードを壊さないようにして欲しいと考える男性もいるので要注意です。

マナーを守らない

「ゴミをこっそりポイ捨てしていた所を目撃。彼女は気付いてませんでしたけど、内心引きました」(経理/28歳)

「電車の中で電話に出て、雑談してたとき。うっかり出てしまっても、急用じゃなければすぐ切るものかと……。一緒にいて恥ずかしいので、ナシですね」(調理師/30歳)

デート中にマナーを守らない女性と一緒にいることで、2人のムードが壊れるというだけに留まらず、周囲の人に対してその場で恥ずかしい思いをしてしまいます。

一般的なマナーが身に付いていないことで、見ていて残念な気持ちになったり、マナー違反だと分かってやっていることであれば、その女性の性格を疑ってしまうということもあるでしょう。

好きな男性と一緒にいる時に、悪いと分かってやるということは少ないかもしれませんが、自分自身マナー違反だと気付いていないことがないかどうか、おさらいしておきましょう。

おわりに

せっかくのデートなのに、つまらないことで好きな男性から「次はないな」と思われてしまうのはもったいない!

マナーやエチケットという、ビジネスマナーにも通ずることを改めておさらいしてみてはいかがでしょうか。

ムードを大切にデートを楽しんでくださいね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)