気になる彼に「大好き」と伝えるのはなかなか勇気がいるもの。

しかし、気持ちが伝わらないと彼との関係は前に進みません。

そこで今回は、「好き」と言わなくても相手に好意が伝わる方法をご紹介していきます!

男性はどんなときにあなたの気持ちを感じているのか、探っていきましょう。

もしかして俺のこと…気になる彼に「好き」と言わなくても好意が伝わるコツ

目を合わせて見つめる

好きな人と目が合うと視線をそらしてしまうという人も多いですが、じつは好意を伝えるチャンスかもしれませんよ。

「目がよく合う子は、好意を持ってくれてるなぁって感じますね。視線が合うたびにちょっと恥ずかしそうに笑ったり、見つめられてると、好きな気持ちはなんとなく伝わります」(32歳/メディア)

女性から見つめられて「好き」の気持ちに気づくという男性もいるようですね。

視線が合ったときには恥ずかしがらずに見つめてみると、あなたの気持ちが彼へと伝わるかも。

言葉ではなかなか伝えられない!という人こそ、行動で示してみると良さそうです。

彼の良いところをほめる

恋をしていると自分を知ってほしいと思うあまり、彼の気持ちを置いてきぼりにしていることも。

しかし、まずは彼を理解することが大切です。

「今の彼女は、付き合う前から僕の良いところを言葉にして伝えてくれました。どんな話も飽きずに聞いてくれてたし、この人になら気持ちを許してもいいかもって思えましたね」(29歳/IT技術職)

ほめられて悪い気持ちを抱く人は、なかなかいないもの。

また、良いところをほめるには相手をよく知る必要があるため、相手の話を聞くほうが好きな女性にもおすすめの方法です。

相手の気持ちに立って恋愛を進めてくれる女性には、心を開いてくれる男性も多いよう。

攻める恋愛が苦手な人は、聞き上手&ほめ上手を目指してみるといいかもしれませんね。

「好みのタイプ」であることを伝える

好意を示す言葉は「好き」だけに限りません。上手に使いこなせると、彼の気持ちも高まってくるかもしれませんよ。

「LINEで「○○くんって好みのタイプなんだよね」って言ってくれた子がいるんですけど、それって好きって意味?って思っちゃいますよね。

でもはっきりと好きって言われたわけじゃないから気になって気になって。そうしてるうちに、俺も好きになり始めます」(27歳/飲食業)

「好き」の言葉は、YESかNOで答えられてしまいがち。

しかし、「好みのタイプ」は、好意は伝わるけれど、決定的なことは伝えず返事もいらない便利な言葉です。

同じニュアンスには「○○くんのこと気になるんだよね」や「好きな人いるの?」などがありますよ。

好き以外の言葉を使いつつ、彼の気持ちを徐々にあなたへと向かわせてみてはいかがでしょうか?

彼の気持ちも盛り上げよう!

好きになると、自分の気持ちばかりが先走りがち。

しかし、その気持ちを真正面から伝えると、相手の気持ちとの温度差がありすぎる場合もあります。

そんなときには、今回紹介した方法を試しながら、相手との距離を縮めてみると良いかもしれません。

気になる彼との恋の成就に活用してみてくださいね♡

(愛カツ編集部)