男性目線と女性目線とでは、メイクの印象は異なるもの。

女性目線で「かわいい!」と思うメイクも、男性目線で見れば「おばさんっぽいな……。」と感じるケースも珍しくありません。

今回は、男性ウケNGな「おばさんっぽく見えるメイク」の特徴を、男性意見を交えながら紹介していきます。

男性ウケは悪いかも…おばさんっぽく見えるメイクの特徴って?

眉毛の角度がするどい

「会社の派遣の女性にめっちゃきれいな人がいるんですけど、メイクがほんと残念。キュッと角度のついた眉毛から、ひしひしと昭和感が……。あの眉毛さえなかったら、食事とか誘いたいくらいなのになと思います」(32歳男性/SE)

ナチュラルさを意識するのがトレンドとなっている、現代のメイク。

眉毛に関しても、平行眉と呼ばれるものが一般的になってきていますよね。

それに対して、ひと昔前に流行ったのがしっかりと角度をつけた眉毛メイクをしてしまうと、おばさんのレッテルが貼られてしまうかも。

メイクのトレンドを意識する上で、眉毛メイクはとくに慎重にならないといけない部分。

角度をつけて眉毛を描いてしまうと、一気にバブリーな雰囲気になるので注意が必要ですよ。

やりすぎなマツエクやつけまつげ

「こないだコンパに来た女の子。一昔前のギャルのようなバサバサのマツエク?つけま?で盛り盛り。気合入れてたのかもしれないけど、ちょっとおばさんっぽくて僕的にはNGでした」(28歳男性/公務員)

マツエクやつけまに関しても、ナチュラルが主流の現代。盛りすぎには注意しなければいけません。

目の印象を一気に変えることができるマツエクやつけまは、やりすぎるとおばさん感が出てしまう要注意アイテム。

今は“盛る”ことを意識するのではなく、ナチュラルさを意識することが大切ですよ。

全体的に濃い

古臭いメイクから脱するには?

「職場にいるパートのおばさんが、毎日すごい濃いメイクなんですよね。紫のアイシャドウが塗られていたときは、心の中で『昭和かよ』とツッコミを入れてしまいました」(28歳男性/会社員)

「キレイなのに薄い」が、今のメイクのトレンド。

一部に時間をかけすぎるあまり、全体的に濃くなっていないか確認はしなければいけません。

パープルのアイシャドウはやりすぎかもしれませんが、全体的にメイクが濃くなりがちという人は要注意。

おばさんくさく見える可能性があるので、雑誌などでしっかりとメイクのトレンドをチェックしておきましょう。

トレンドを意識して年齢に合うメイクを取り入れよう

メイクは、その人の印象を良くも悪くも変えてしまうものです。

メイク次第で、実年齢よりも上に見られてしまうなんてことも珍しくありません。

細かくトレンドをチェックして、自分の年齢に合うメイクを取り入れていきましょう。

(愛カツ編集部)